三浦春馬さんの自死で次々と湧き出る“家族ゴシップ”の信憑性

       

三浦春馬さんの自死で次々と湧き出る“家族ゴシップ”の信憑性
GettyImagesより

 7月18日に急逝した俳優の三浦春馬さん(30)。午後3時頃に民放各局が「都内の自宅マンションで自殺した」と速報を打ち、以降、厚生労働省が出している「メディア関係者に向けた自殺対策推進のための手引き」もそっちのけで、彼についての報道が繰り返されている。

 こうした報道の過熱は一定のニーズがあるからこその現象ではあるが、故人を傷つけるような内容も少なくなく、ファンならずとも心痛ではないだろうか。

 特に問題と思われるのが、三浦さんの家族のプライバシーを暴くものだ。7月22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)、「週刊新潮」(新潮社)はともに3ページで三浦の自死と家族関係を報じているが、いずれも複雑な家庭環境と母親像について詳細に記していた。

 三浦さんは3歳の頃に父と生き別れて母子家庭に育ち、母親の再婚した継父とも良好な関係を築いていたという。母親は、三浦さんが役者としてブレイクすると個人事務所の社長に就任していたそうだ。このあたりまでは両誌共通している。

 しかし「文春」では母親がかつてスピリチュアルな世界に傾倒していたことを明かし、「新潮」は親族の証言として、母親と継父が過去に水商売をしていたことや、「金銭感覚がルーズで約束していた住宅ローンの支払いが滞」ったことを記すなど、三浦さんの家族を貶めるような内容だった。

 また、芸能関係者の証言として「芸能界の仕事に嫌気がさし、役者を辞めて農業をやりたいと言ったこともあったが、その度に母親から反対されていた」と報じ、売れっ子俳優へと成長し“金のなる木”となった息子を手放さない母親像が浮かび上がる記事構成だ。


あわせて読みたい

wezzyの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「三浦春馬さんの自死で次々と湧き出る“家族ゴシップ”の信憑性」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    様々な憶測をせず、三浦さんを大好きだった、今までありがとう、と静かに見送りたいです。 ご本人と実際関わってきたご友人や仕事仲間、先輩後輩、ご家族の悲しみは尋常ではないことと思います。

    16
  • 匿名さん 通報

    家族を責める記事を書いて嬉しいか外道文春と新潮。買う奴も馬鹿。

    14
  • 匿名さん 通報

    親が離婚せず、そのまま茨城へ居てくれたら、また違っていたのではないだろうか。30歳になり、周りをみて、ふと自分に気付いたのでは?

    10
  • 匿名さん 通報

    いろいろ言われてるけど、原因はネットの誹謗中傷と言うより、母子の確執にあるようね。

    7
  • 匿名さん 通報

    誹謗中傷はダメだと言うマスゴミが一番の加害者。誹謗中傷しても訴えられないからと好き勝手していいのか。報道の自由とは何かを大卒出なんだから考えよう。

    6
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月24日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。