平手友梨奈「プロデューサーにも嫌だとずっと言っていた」、欅坂46脱退後も抱える苦悩

 たとえば、3月には『さんかく窓の外側は夜』公式Instagramで、共演者の岡田将生とともに笑顔で「ハッピー・バースデー・トゥー・ユー」を歌い、志尊淳の誕生日をお祝い。投稿された動画で見せた明るい表情にファンも喜んだ。

 ただ、「欅坂46を去ってから笑顔を見せるようになった」という評価を、平手本人は真っ向から否定する。

 「ROCKIN'ON JAPAN」2020年10月号(ロッキング・オン)のロングインタビューで平手は、欅坂46脱退後に「少しはラクになるのかな」と思っていたが、期待通りにはならなかったと話した。

<あれはただ単に楽曲がそうだし、楽曲から生まれた表情だったり、動きだったりするから、『別にそこは関係ないのにな』って思ってます>
<『欅やめて、背負ってた荷物は下ろせましたか?』とか『ひとりになってから、だいぶラクなんじゃない?』って言われるんですけど。で、私もぶっちゃけ、『やめたら少しは下りるのかな』って思ってたけど、むしろ逆になっちゃいましたね>

 ひとりになってもなお背負った荷物が下りないのは、自分の仕事に高いハードルを掲げ、そこに到達するまで自分を追い込もうとするからだという。「ROCKIN'ON JAPAN」で平手は自分のパフォーマンスに対するフラストレーションを語っている。

<自分に自信がないのはずーっと変わらなくて。監督だったり、キャストの方だったり、スタッフさんだったり、それを待ってる人たちの期待で応えられるのかなとか……そういう感じですね>
<自分はまだダメな表現をしてるから。いいパフォーマンスをしたいと思ってるし、期待に応えられるようなパフォーマンスをしたいと、それは常に思ってるんですけど、やっぱり自分では納得いったことがないですね>


当時の記事を読む

wezzyの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。