「娘と会わせない」あびる優と才賀紀左衛門の親権争い、ママ友の介入で激化?
拡大する(全1枚)

「娘と会わせない」あびる優と才賀紀左衛門の親権争い、ママ友の...の画像はこちら >>
あびる優Instagramより

 タレント・あびる優と格闘家・才賀紀左衛門が、娘の親権を巡りトラブルになっているようだ。あびると才賀が離婚を発表したのは2019年12月で、5歳の娘・A子ちゃんの親権と監護権は才賀が持つ。

 その理由について才賀は「AERA dot.」のインタビューで、あびるは酒癖が悪く娘を預けられる状態でないからだと明かしていた。才賀は自身の母親を東京へ呼び寄せ、一緒に娘の育児に励んでいる様子をブログやInstagram、YouTubeチャンネルで公開している。

 だが11月1日、「文春オンライン」が、A子ちゃんの通うインターナショナルスクールが保護者宛てに一斉メール送信し、才賀が娘の学習サポートをしていないと非難したことを報じた。ネグレクトであるとの一斉メールが送られたという。

 そのメールによると7月、A子ちゃんは体調不良でスクールを休んだという。時期が時期だけにスクールは新型コロナの検査結果の提出と、2週間の自宅療養を求めたが、才賀はそれを拒否。さらに、スクールには才賀と娘が外出していたという目撃情報が届いており、他にも目撃情報があれば報告して欲しいという内容だった。スクール側はオンラインスクーリングを提案したが、才賀は娘の学習面をサポートしていないと非難するような一文もあった。

 だが「体調不良」は嘘で、実際はA子ちゃんは元気だった。離婚以降、才賀はあびると娘の面会を拒否。娘に会いたがるあびるを見かねたママ友の計らいで、今年春ごろにスクールで母娘の面会が叶ったのだという。だが才賀への事前連絡はなく、これを知った才賀は激怒。それでスクールを休ませるに至ったようだ。なお、8月にはA子ちゃんはこのインターナショナルスクールを退学したそうである。