坂口杏里「中絶で人殺し扱いか」壮絶な暴行受けたと告発、「誰の子かわからない子産める?」
拡大する(全1枚)

坂口杏里「中絶で人殺し扱いか」壮絶な暴行受けたと告発、「誰の...の画像はこちら >>
坂口杏里Instagramより

 妊娠を明かしていた元タレントの坂口杏里が、Instagramのストーリーズで中絶手術をしたと報告。妊娠のその後について問うDMがたくさん届いていたため、わずらわしくなって公表することにしたようだ。

 坂口は昨年11月、勤めていたバーのオーナーがTwitterに<覚醒剤使用者は再起不可能と判断致しました>という文章と共に、坂口がベッドの上で「なんて日だー!」「たまにはキメて出勤してもいいですかー?」などと奇声を上げる動画を投稿し、違法薬物を使用しているのではないかという疑惑が持ち上がっていた。店側は坂口が無断欠席したため自宅に様子を見に行ったところ、坂口は薬の影響でおかしくなっており、3週間ほどスタッフたちで看病したと説明した。

 だがこれは坂口の認識とは異なったようだ。彼女はTwitterで<会長がやらせたくせに!理由を説明してください>と反論し、監禁され無理やり違法薬物を使用させられたと告発。両手と両足を縛られていたと言い、痛々しい傷跡の残る体の写真を公開した。

 その後、彼女は店側と和解したと言っていたが、12月に入るとまた坂口はTwitterで<前働いてたBAR、薬、監禁、暴力、レイプBAR 髪の毛もこんなされてたまったもんじゃないわまじ許さねー>と怒りをあらわにし、店との和解を撤回。インスタライブやストーリーで<レイプでまわされたので正直誰の子かわかりません>と妊娠を明かし、父親が不明であるため出産後にDNA鑑定をするという趣旨の発言もしていた。