嵐・二宮和也と元SMAP・草なぎ剛が共演へ…日本アカデミー授賞式に注目

 1月27日に「第44回日本アカデミー賞」の優秀主演男優賞が発表され、二宮和也と草なぎ剛が選ばれたことが“ジャニーズVS元ジャニーズの対決”だと話題になっている。

 二宮は『浅田家!』、草なぎは『ミッドナイトスワン』で主演を務めた。2人の他には、『罪の声』主演の小栗旬、『Fukushima 50』主演の佐藤浩市、『糸』主演の菅田将暉が優秀主演男優賞に選ばれている。

 最優秀賞が発表されるのは3月19日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われる授賞式にて。ネット上では、ジャニーズ事務所を退所した草なぎと、嵐の活動を休止中の現役ジャニーズ二宮が、授賞式で同じ壇上に上がるのか否かに注目が集まっている。

 同時に、「草なぎ剛が選ばれるのはジャニーズ事務所が許さないと思う」という意見も少なくない。日本アカデミー賞を「ジャニーズに乗っ取られた賞」と揶揄する向きもあるが、それは2016年に最優秀主演男優賞を獲得した二宮和也の前代未聞のスピーチから来ている。

二宮和也はジャニーズの先輩と幹部に感謝

 二宮和也は2016年に山田洋次監督作品『母と暮せば』で、日本アカデミー最優秀主演男優賞を獲得している。『母と暮せば』は戦後を生きる母(吉永小百合)の元に長崎の原爆によって亡くなった息子(二宮)が幽霊となって戻ってくる物語だ。

 しかしマイクの前に立った二宮は、山田監督や吉永への感謝や、映画で訴えた社会的メッセージについては一切触れず、前年に最優秀主演男優賞を受賞していたV6の岡田准一、そしてジャニーズ事務所の幹部に向け謝辞を述べたのであった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

wezzyの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク