ロジックで恋愛を語るのは童貞っぽい 「恋愛工学」が女に嫌われ、男に支持される理由

ロジックで恋愛を語るのは童貞っぽい 「恋愛工学」が女に嫌われ、男に支持される理由
拡大する(全1枚)

皆さんは「恋愛工学」についてご存じでしょうか。

月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人で、有料メルマガ「週刊金融日記」を発行する藤沢数希さんが、科学や金融工学の知見をもとに提唱する男性向け恋愛ノウハウが「恋愛工学」。有料メルマガサイトのまぐまぐなどでは「殿堂入り」している人気コンテンツです。

ですが、この「恋愛工学」、女性陣から「テクニックが強引すぎる」「女性をモノとしか扱っていない」と批判があるのも事実。今回は「恋愛工学はなぜ女性に嫌われるのか」について考えてみたいと思います。

恋愛論ってどんなものなの?

そもそも、「恋愛工学」のような恋愛論ってどんなものなんでしょうか。

男性向けの恋愛論(恋愛本)には大きくわけると2種類あります。それは、「元からモテてる人が書いた本」と「非モテが書いた本」です。

「元からモテてる人が書いた本」というのは、芸能人やモデル、モテることが商売であるホストクラブの人が書いているような本です。このパターンの本は女性向けでも、「有名モデル、女優やキャバクラ嬢が語るモテ術」といった感じで出版されているので、ご存じの方も多いかもしれません。ここで書かれているのは単純明快で、「心もちを変えろ」ということです。「相手への感謝の気持ち」「周りに優しくする」といったことで自分もモテるようになる、という、セルフコントロールについて語るのがその趣旨。

一方、「非モテが書いた本」とは、以前モテなかった(で、モテるようになった)人が書いた本です。今回取り上げる「恋愛工学」や最近ドラマ化された水野敬也『LOVE理論』(文響社)なども「非モテが書いた本」に当てはまります。こうした「非モテが書いた本」にはストーリー性がある、という特徴があります。「非モテだった自分がモテるようになり、その秘訣を他のメンバーに伝授する……」というのがそのストーリーです。


当時の記事を読む

ウートピの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク