一夫一妻制がある限り、不倫は減らない 泥沼離婚を避けるために男女ができること

一夫一妻制がある限り、不倫は減らない 泥沼離婚を避けるために男女ができること

坂爪真吾さん、勝部元気さん

女性の立場に寄り添って社会学的に恋愛を論じる勝部元気さんの『恋愛氷河期』(扶桑社)と、性の公共を追求する坂爪真吾さんの『はじめての不倫学 「社会問題」として考える』(光文社)をもとに、アラサー世代である両著者が不倫について語りつくす対談。後篇は、若年層の不倫観が変わってきているという話からはじまります。

>>【前編はこちら】不倫って本当にダメなこと? 夫婦が幸せに暮らせる社会のための不倫リテラシー

若年層は不倫に“非日常性”を求めない

ーー前篇でうかがった〈不倫ワクチン〉のお話は、「婚外恋愛としての不倫は泥沼化する」が前提となっていますね。『はじめての不倫学』でも、不倫の中毒性が指摘されていました。これは、いまの若年層にも当てはまるのでしょうか?

勝部元気さん(以下、勝):20代独身女性に、既婚者との交際に拒否感を持つ人が増えているという調査結果を見たことがあるのですが、いまの若者は不倫特有の中毒性やドラッグ性にそれほど惹かれていないように感じています。端的にいえば、草食化ですね。危険な恋愛におぼれてみたいとかドキドキしたいとか、そういう願望が薄れている代わりに、恋愛にもっとリアリズムを求める傾向があると私は見ています。

坂爪真吾さん(以下、坂):おっしゃるとおり、若い人は性そのものに過剰にコミットすることがなさそうです。対して、50~60代の恋愛観やセックス観はもっとキラッキラしているため、『~不倫学』を読んでもらった50代女性から、この本を読めば読むほど性との関わりがつまらなくなるという厳しい評価をいただきました。不倫の予防とはすなわち、性に付随するめくるめく要素をすべて封じ込めることでもあるので、その世代には無粋なものとして映るのでしょう。若い世代の不倫は、もっと日常化しています。ハイテンションで関わるものではなく、淡々としたものなんです。先日も週刊誌で〈郊外不倫〉としてカラオケボックスやラウンドワンでデートするカップルが特集されていましたが、非日常性を求めない感じが今日的だと感じました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ウートピの記事をもっと見る 2015年9月17日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「浮気」のニュース

次に読みたい関連記事「浮気」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら