乗り越えたら撃たれる「壁」のある世界―パレスチナの若者が思う、平和を妨げるもの

乗り越えたら撃たれる「壁」のある世界―パレスチナの若者が思う、平和を妨げるもの

解決の兆しが見えないパレスチナ問題。日本人にとってテレビやインターネットのニュースの向こう側にある遠い世界の話かもしれないが、当然、そこにも青春を送り、恋をする若者たちがいる。公開中の映画『オマールの壁』は、イスラエルが建設を進める「分離壁」(※1)に囲まれたパレスチナ(※2)の町に生きる若者たちの現実を、恋や友情、そして裏切りを交えて描く。

※1:イスラエルが「パレスチナ人による自爆テロを防ぐためのセキュリティ・フェンス」という名目で2002年からヨルダン川西岸地区で建設を開始した壁。高さ8m、全長700kmにおよぶ。イスラエルとパレスチナの境界に沿って建設されているわけではなく、大部分がパレスチナ内に侵入して町を分断。実質的にはイスラエルの領土拡大のための建造物である。

※2:狭義には、イスラエル・ヨルダン川西岸地区とガザ地区からなるパレスチナ自治区を指す。

若者の現実を描く、初の100%パレスチナ映画

主人公のオマールは、町を横断する分離壁を乗り越え、向こう側に暮らす幼なじみのタレクとアムジャドに会いに通っていた。3人は、武装組織から武器を入手し、イスラエル兵の襲撃を計画中。また、オマールは、タレクの妹ナディアと結婚を考える恋人関係にあった。

イスラエル兵からの不当な扱いに不満を爆発させたオマールらは、ついに襲撃作戦を決行。しかし、ほどくなくしてオマールは秘密警察に逮捕される。イスラエルの軍事法廷で懲役90年の刑罰を下されることになったオマールは、ナディアにも秘密警察の手が及ぶことをほのめかされ、タレクの逮捕に協力するという交換条件をのむが……。


あわせて読みたい

ウートピの記事をもっと見る 2016年4月19日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら