「高齢出産だから受けておきたい」が95% 「新型出生前診断」は妊婦を不安から救えるか

「新型出生前診断」を受ける人は年間1万人

「新型出生前診断」が日本で認められたのは2013年の3月。開始直後は実施する病院の少なさから、検査の予約が取れず混乱が起きたことなどが多く報道されました。それから3年。「新型出生前診断」の現状はどうなっているのでしょうか?

先月末、毎日新聞に「新型出生前診断 異常判明の96%中絶 利用拡大」の見出しが踊りました。同記事によると、新型出生前診断を実施する病院グループ「NIPTコンソーシアム」が昨年12月までに加入施設44施設の実績を調査したところ、これまでに検査を受けた女性の数は2万7696人。

受けられる病院の数は3倍以上に

また、過去の記事をさかのぼってみると、1年目の受診者数は7740人、2年目は1万60人と、「新型出生前診断」を受ける女性が年々増加しているのがわかります。開始直後は15ヵ所だった「新型出生前診断」の認定病院の数も、今では国内で約50ヵ所に増加。「新型出生前診断」は妊娠した女性にとって、この数年で以前よりも身近になってきているのです。

では、そもそも「新型出生前診断」とは何なのでしょうか?
従来の「出生前診断」とはどのように違うのでしょうか?
そして、これほどまでに女性に求められているのはなぜなのでしょうか?
今回は「新型出生前診断」をめぐる疑問について考えていきたいと思います。

採血で調べる方法は2種類ある

「新型出生前診断」とは医学的な用語では「無侵襲的出生前遺伝学的検査」(non-invasive prenatal genetic testing)と呼ばれます。記事などでよく「新型出生前診断(NITP)」という表記を見ますが、「NITP」とは先ほどの医学的名称の略なのです。このNITPでは妊婦の血液を採取し、その血漿(けっしょう)中に混じった胎児のDNAを読み解くことで染色体の異常を調べます。


あわせて読みたい

ウートピの記事をもっと見る 2016年5月14日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら