押切もえの歩みは“迷走”ではなく“堅実” 不遇時代をプラスに変える力

押切もえの歩みは“迷走”ではなく“堅実” 不遇時代をプラスに変える力
モデル、小説…“多彩すぎる”活動

小説2作目にして山本周五郎賞にノミネートされ、「僅差で受賞を逃した」と報じられた押切もえ。この報道で「押切もえって小説を書いてたんだ!?」と初めて知った人も多いのではないだろうか。

押切は、90年代にギャル誌の読者モデルとしてデビュー。その後、『CanCam』から『AneCan』(共に小学館)の専属モデルとステップアップし、小説家デビューは2013年。2015年には、絵画が二科展に入選した。そのほか、おしゃれな作業着で農業に取り組んだり(2015年にすでに行っていないことを告白し叩かれた)、ゴルフ、ヨガ、陶芸、気功、ダンス、座禅、トランポリンなど20種類以上の趣味を楽しんだり、温泉宿やマンションをプロデュースするなど多彩すぎる活動をしている。

プライベートでは、2016年2月に、千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手との交際を無断で公表し、謝罪するという騒動があった。押切と同い年の36歳でモデル仲間の蛯原友里は、RIP SLYMEのILMARIと結婚し、1児の母となり、『Domani』(小学館)で専属モデルとして活躍している。その実直ぶりとしばしば比較され、押切のことを「迷走している」「イタい」と揶揄する声もあるようだ。

迷走ではない、堅実なのである

近年、モデル出身の女優やバラエティタレントがあまりに多すぎて、「モデル」と聞くと「腰掛け」というイメージが漂うようになってしまった。モデルから女優、あるいはバラエティタレント、その次は結婚→出産→ママタレと出世コースがすでにできている。芸能人も安定志向が強くなり、「有名になりたい」「スターになりたい」だけではなく、その後の身の振り方まで考えなければならない時代なのである。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ウートピの記事をもっと見る 2016年5月18日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「キス」のニュース

次に読みたい関連記事「キス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「一目惚れ」のニュース

次に読みたい関連記事「一目惚れ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「失恋」のニュース

次に読みたい関連記事「失恋」のニュースをもっと見る

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。