あじさいには、ドラマがある―意外と知らない“名前”の秘話

全国的に梅雨入りとなり、毎日のように雨が降っていますね。雨が続くとゆううつになりがちですが、この時期、その美しさで目を楽しませてくれるのがあじさいです。

あじさいには、ドラマがある―意外と知らない“名前”の秘話

あじさいには、さまざまな種類があります。現在としまえん(東京都・練馬区)で開催されている「あじさい祭り」には、約150品種ものあじさいが勢ぞろいしています。ここでは、としまえんで見られるちょっと変わった名前のあじさいをいくつかご紹介しましょう。

ダンスパーティー

あじさいには、ドラマがある―意外と知らない“名前”の秘話

ピンク色の細長いガク片が八重にかさなる姿が特徴的。その上品で華やかな様子は、まるでダンスを舞う乙女のドレスのすそのようでもあり、人々が手を繋ぎ輪になって踊る姿のようでもあります。「ダンスパーティー」は、加茂花菖蒲園の一江豊一さんが生み出した品種で、「母の日」の贈り物としても人気なのだそう。加茂花菖蒲園からはこのほかにも、「天を仰いで」「テマリテマリ」「雨に唄えば」など、詩的な名前のあじさいがいくつも生まれています。

花火アジサイ

あじさいには、ドラマがある―意外と知らない“名前”の秘話

青い小さな花と、八重のガク片からなる、「花火アジサイ」。なんだか、火花を散らして夜空に広がる打ち上げ花火のように見えませんか? こちらは1977年に神奈川県・横浜市の民家で山本武臣さんという方が発見した、ガクアジサイの仲間。その天然の造形美に心打たれます。別名「隅田の花火」という名で販売されているそうです。

あじさいには、ドラマがある―意外と知らない“名前”の秘話

淡いピンクの八重花がたくさんかさなり、可憐な印象です。「綾(アヤ)」という名前は、発見者の孫娘の名前にちなんでつけられたもの。松枝章さんという方が石川県の山中温泉で見つけたそうで、エゾアジサイの仲間です。新品種発見の喜びと、お孫さんへの愛情の深さが伝わってきて、眺めているとほっこりした気分になります。


あわせて読みたい

ウートピの記事をもっと見る 2016年6月24日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。