あっさり「腎臓をあげる」と言った夫。“本当の気持ち”を知りたい私がついた嘘

あっさり「腎臓をあげる」と言った夫。“本当の気持ち”を知りたい私がついた嘘

中学1年生の時に腎臓病になり、36歳で末期腎不全になってしまった、ライターのもろずみはるかさん。選択肢は人工透析か移植手術という中で、健康な腎臓を「あげるよ」と名乗り出たのは彼女の夫でした。

今回は「気が変わっても夫は本音を言えないのではないか」というもろずみさんの不安についてつづっていただきました。

夫は“ピン”ときているのだろうか

この連載、「夫の腎臓をもらった私」を読んでくださった方から感想が届くようになりました。特に男性は、夫に共感しやすいようで、「僕は妻に『(腎臓を)あげる』と言えるだろうか」そんなことを考えるのだとおっしゃっていました。その中の多くの人はこう続けます。「やっぱり、答えはすぐに出ない」。

それでいうと、うちの夫はあっさり「あげる」と言いました。正直なところ、私は不安でした。

だって命を扱う重い決断です。非日常的な決断とも言えます。

30代のこの夫は、「あげる」ということは、健康な腎臓をひとつ失うことだと“ピン“と来ているのだろうか、と。

全部はるかさんの思う通りにしなよ

ドナーは移植を決断すると、手術が行われるまでの半年間、心臓や肺、がん検診などあらゆるメディカルチェックを受けます。その中に、精神科医による「自発的提供意思の確認」という項目があります。

命を扱う重い決断であるからこそ、医療倫理の立場から「ドナー自らの意思によって移植を希望するのか」チェックするのです。

思いやりがある人は、時にやさしい嘘をつきがちです。相手を想うからこそ、「いいよ」と譲歩してしまう。本当は、よくなくても。夫はまさにそういうタイプの人です。その証拠に、結婚して以来、私は夫に何かを否定されたことが1度もないのです。

...続きを読む

あわせて読みたい

ウートピの記事をもっと見る 2018年6月13日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。