夏木マリさんが“女優”を封印した理由 「人の生きる時間を演じるのに男女の判断は関係ない」
拡大する(全1枚)

未来はいつだって不確かなものだけど、自分の人生は自分で舵を取りたい——。

そう願う女性たちに向けて、歌手で俳優・演出家の夏木マリさんが6月16日、「渋谷ヒカリエ」(東京都渋谷区)で開催されたイベント「ELLE WOMEN in SOCIETY(エル・ウーマン・イン・ソサエティ) 2018」に登場し、「映画界で女性が働くということ」をテーマにトークセッションが行われました。

夏木マリさんが“女優”を封印した理由 「人の生きる時間を演じ...の画像はこちら >>

ELLE編集長・坂井佳奈子さん(左)と夏木マリさん(右)

MeTooと言っているだけでは解決しない

対談の相手を務めたのは、ELLE編集長の坂井佳奈子さん。現在公開中の映画『Vision』(河瀬直美監督)の撮影の感想や、男女の監督の仕事ぶりに何か違いがあるかなどが夏木さんの視点で語られました。

中盤では「#MeToo」問題へ。坂井編集長は、82人の女性がレッドカーペットに集結した時のことを出し「欧米での報じられ方と比較すると、日本は積極的ではない感じがした。世の中でそういうことが起きていると知るだけでも変わると思う」と述べました。

それを受けて夏木さんは、変化するには大事なことが2つあると言います。

「これまで映画界でセクハラ・パワハラ問題は(声をあげようとも思わないほど)当たり前に行われていました。ソーシャルネットワークの時代になり、社会問題として言い出せるようになったのはいいことだと思います。けれど、『MeToo』と言っても、そこから行動しないと解決しません。