「私も犬飼いたいなあ」程度の興味で子供を持った【小島慶子のパイな人生】

恋のこと、仕事のこと、家族のこと、友達のこと……オンナの人生って結局、 割り切れないことばかり。3.14159265……と永遠に割り切れない円周率(π)みたいな人生を生き抜く術を、エッセイストの小島慶子さんに教えていただきます。

前回と、第12回となる今回は小島慶子さんの最新著書『幸せな結婚』(新潮社)の刊行を記念して、結婚にまつわる罠について書いていただくことに。今回は「私には母性がないかも……?」と感じている女性に向けたメッセージです。

正直「私も犬飼いたいなあ」程度の興味だった

ウートピ世代は、周囲に出産する人も多いはず。しかし密かに母性の欠落におののいている人もいるのでは? 友達の赤ちゃんを見に行ったけど、正直あんまり可愛いと思えなかった……新幹線の中で子供が声をあげたりするとイラっとしてしまう……など。女ならみんな幼な子を見たらジュワッと母性汁が湧いて出るはず、なんて神話です。そんなわけないですよ。男が新生児見てもパパ汁分泌しないのと同じです。

私が最近書いた小説『幸せな結婚』(新潮社)には、自分は子育てに向いてないのだと気づいてしまった、美紅という女性が出てきます。

彼女は野心的で、したたかな女性。スタイリストやショップ経営の仕事に忙しく、産後1ヶ月で仕事に復帰。生まれたばかりの娘は、自分探しで会社を辞めた夫に任せっぱなしです。夫は彼女と違ってまめまめしく子供の世話もするし、娘を思う気持ちも強い。だけど「育児は母親がするもの」という強固な思い込みがあり、次第に妻への不満を募らせていきます。そして美紅も、母性神話に抵抗する気持ちと、女のくせにひどい母親だと自分を責める気持ちとで引き裂かれるのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ウートピの記事をもっと見る 2018年9月28日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「浮気」のニュース

次に読みたい関連記事「浮気」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。