東京じゃないと都落ち? 病気になって気付いた、地元での可能性

東京に疲れたわけでも地元にこだわっているわけでもない

東京じゃないと都落ち? 病気になって気付いた、地元での可能性

「なんか落ち武者みたいですね」

渋谷のレストランで、その日初めて会った女性から言われた一言です。

「オチムシャ?」予想外の展開を受けて脳内検索が始まります。5秒後、頭に浮かんだビジュアルは更科六兵衛さん。映画『ステキな金縛り』で、西田敏行さんが演じていた落ち武者です。えーっと、霊だったけど、雰囲気的にはあの感じ? えっ、私、あの感じ?

一瞬、意味が分からず、海老のアヒージョに伸ばした手が止まります。きょとんとしていると、彼女は食べかけのバゲットを置いて繰り返しました。「落ち武者みたい、って言ったんです」。食事会で、初対面の人から落ち武者認定される。ざ、斬新すぎる。

“六兵衛トーク”が飛び出したのは、地元の沖縄ゼミを始めた話をした時。「えー、もったいない。それって都落ちですよねー」からの……落ち武者コメントでした。

「どうして東京で頑張らないの?」たぶん、彼女が言いたかったのはそういうこと(違ったらごめんなさい)。

東京に疲れたわけでも、沖縄から出ないと決めたわけでもないんだけどなぁ。働き方を考える出来事があって、自分なりのバランスを探し始めたところっていうか……。うーん。

ちょうどいい温度感の言葉を探している間に、テーブルの話題はあっさりと次へ。どう答えるのが正解だったんだろう? 帰り道、駅に向かいながらいくつものパターンを考えます。

「沖縄もいいところだよ」「働き方って、人それぞれじゃない」。うーん、違う。「六兵衛さんじゃないんだから…(笑)」。これは絶対違う。


あわせて読みたい

ウートピの記事をもっと見る 2019年7月18日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。