“毒親育ち”だったとしても…自分を育て直すために大事なこと【中野信子】

「うちの親、ちょい毒親入ってるんだよね」––。

ここ数年、日常会話や友人との何気ない会話で聞かれることが多くなった「毒親」という言葉。元々は1989年に発表されたアメリカのスーザン・フォワードの著書『毒になる親』をきっかけに知られるようになりました。子供の人生を支配し、子供の成長にとって「毒」となる振る舞いをする親のことを指し、ドラマや映画などでも頻繁に取り上げられるように。

3月25日に新刊『毒親』(ポプラ社)を上梓した、脳科学者の中野信子(なかの・のぶこ)さんによると、毒親とは「自分に悪影響を与え続けている親その人自身」というよりも「自分の中にいるネガティブな親の存在」と言います。

大人になっても対人関係に影響を与え続ける親子の関係とは? 中野さんに前後編にわたって話を伺いました。

“毒親育ち”だったとしても…自分を育て直すために大事なこと【中野信子】

なぜ「毒親」なのか?

——毒親をテーマに執筆された経緯を教えてください。

中野信子さん(以下、中野):人間の悩みのほとんど……と言ったら言い過ぎかもしれないのですが、かなりの部分が人間関係の問題で占められると思っています。

では、「人間関係の基礎の基礎」といえる部分がいつつくられるのかというと、生後6カ月から1歳半までの間なんです。子供は、親や養育者との関係の中で対人関係の基礎となる型を身に付ける。

この部分のキーワードは「愛着」です。この人は自分を重要視してくれるのだろうかという生理的な部分の素地ができてしまう。9割の人がそのスタイルを大人になってからも保持するんです。それを基にした、人間関係のいわばひな型のようなものを「内的作業モデル」と呼びます。


あわせて読みたい

ウートピの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「“毒親育ち”だったとしても…自分を育て直すために大事なこと【中野信子】」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    やはり知能の低い人間は、不幸な人間を増やすだけなんで子供を作ってはいかんと思うな

    3
  • 匿名さん 通報

    19:40はあ?暗記学問?どっからそんな阿呆な意見を持ってきた?考える力は暗記では養われないことくらい分からんか?

    2
  • y 通報

    愛着(小さい頃の養育者との関係性)から影響を受けているので安心感が乏しく、自分でコントロールすることは難しいんじゃないかな。信頼できる人が援助しないとスムーズにはいかないと思う。

    1
  • 匿名さん 通報

    19:40「そ~すれば、こんな親など相手せず自分の考えで生活すべき。」←この日本語、間違ってるよ。暗記しかしてこなかったのかな?

    1
  • 匿名さん 通報

    他人を「勉強不足」と切り捨てる19:40が国語も満足に使えない。みっともない、、、。

    1
この記事にコメントする

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月18日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。