浅田真央、集大成は思い出のラフマニノフ

長年、フィギュアスケート界をけん引してきた浅田真央。彼女の現役引退公演となるアイスショー『THE ICE(ザ・アイス)』が2017年7月29~31日(大阪)と8月4日~6日(名古屋)で開催された。浅田が引退発表後のプログラムとして選んだ曲はロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフの『エレジー』。ラフマニノフは、浅田真央が出場した過去2回のオリンピックでフリースケーティングの際に使用された曲の作曲者である。

トリプルアクセル2回、驚異のステップで魅了した「鐘」

浅田真央、集大成は思い出のラフマニノフ

©Japan Sports

2010年2月に行われたバンクーバーオリンピック。初のオリンピックシーズンに浅田がフリースケーティングで選んだ曲は、ラフマニノフが19歳のときに書いたと言われる『前奏曲嬰ハ短調Op.3-2 鐘』である。原曲はピアノ曲だが、彼女が選んだのは管弦楽版。しかしあまりにも重厚な曲、さらにトリプルアクセルを2回入れ、演技の3分半越えてから怒涛のステップが入るという難度の高いプログラムだったため、シーズン前半は思うような結果につながらなかった。「彼女の雰囲気に合っているのか」「別の曲に変えた方がいいのでは」など、心配する声も上がっていた。

だが彼女はこのチャレンジングなプログラムに真正面から取り組んでいった。引退発表後のテレビ番組『引退特別番組 浅田真央26歳の決断~今夜伝えたいこと~』のインタビューで自身の演技を見た浅田は、「このときが一番強い気持ちだった気がする」「鬼みたいだった気がする。自分が」と振り返っている。

あわせて読みたい

記事提供社から

「浅田真央、集大成は思い出のラフマニノフ」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    性格の悪い荒川静香の金より、優しい真央ちゃんの銀メダルが1番好きです。頑張って下さい。一生応援してます。

    19
  • 匿名さん 通報

    ソチのフリーの録画は消さない。何回見ても泣ける。

    13
  • 匿名さん 通報

    記録を残すか記憶に残るか、真央ちゃんは世界中の人の記憶に残る。ソチ五輪クロージングのロシアの計らいをみてもわかる。

    12
  • 匿名さん 通報

    ソチのフリー最後のジャンプはトリプルループですよ。

    3
  • 狩猟王 通報

    応援してます

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。