ファンも歓喜、日本語が上手な海外フィギュアスケーター

ファンも歓喜、日本語が上手な海外フィギュアスケーター
海外のフィギュアスケーターの中には、日本のアニメや文化に興味を持ったり、「日本のファンとコミュニケーションを取りたい」というきっかけによって、日本語を勉強している選手たちがいる。とくにカナダの男子シングル ケヴィン・レイノルズ選手、アメリカのジェイソン・ブラウン選手、中国のペアの女性フィギュアスケーター于小雨(う しょうう)選手が巧みな日本語を使うのは、ファンには有名な話だ。

アニメ衣装も再現、新4回転ジャンパーのパイオニア

ケヴィン・レイノルズ選手(カナダ)

現在、男子シングルは進化した4回転時代と言われているが、ISU(国際スケート連盟)公式戦で初めて一つのショートプログラムの中に2度の4回転ジャンプを成功させたのはレイノルズ選手である(2010年のグランプリシリーズ カナダ大会)。2012-13シーズンには、大阪で行われた四大陸フィギュアスケート選手権で金メダルを獲得した。長い手足を生かした滑り、そして少し控えめな性格で日本でもファンが多い。

そんなレイノルズ選手は、幼い時から日本のゲームやアニメーションに触れていたという。2011-2012シーズンでは日本のゲームソフト、『クロノ・トリガー』の楽曲をメドレーで使用し、ゲームファンの間でも話題になった。2015-16のショートプログラムはアニメ『カウボーイビバップ』のオープニングテーマを使っており、衣装も再現。この作品が心底好きなことがうかがえる。彼自身、アニメのキャラクターのようにスタイル抜群なので、再現衣装も非常に似合っていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ヨムミル!ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク