初日はガラガラだった!? 映画『ドラえもん』シリーズ第1作誕生秘話

『映画ドラえもん のび太の宝島』が3月3日に公開される。名作児童文学『宝島』をモチーフにした物語で、映画『君の名を。』のプロデューサー、川村元気が脚本を担当、星野 源が主題歌『ドラえもん』を書き下ろしたことも話題になっている。

初日はガラガラだった!? 映画『ドラえもん』シリーズ第1作誕生秘話

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

1980年3月にスタートした『ドラえもん』映画作品も今年で38作目。ここでは、記念スべき第1作となった映画『ドラえもん のび太の恐竜』にまつわる様々なエピソードを振り返ってみたい。

「金はいくらかかってもいい」

発端は1975年のこと。それまで小学館の学年誌に毎月10ページ前後の流さで掲載されていた『ドラえもん』だが、コミックスが100万部を突破した記念に『増刊少年サンデー』に30ページの短編を発表することになった。それが原作となった『のび太の恐竜』である。

当時、藤子・F・不二雄(以下、F先生)のアシスタントを務めていた、えびはら武司(『まいっちんぐマチコ先生』の作者)は、自分が好きだったと話した“台風のフー子”の話をF先生が覚えていて、それを基にストーリーを作ったのではないかと推測している。たしかに両者には共通点が多い。

『ドラえもん』の映画化の話は、実は『のび太の恐竜』が最初ではない。『ドラえもん』の制作を手がけるシンエイ動画の社長、楠部三吉郎氏によると、最初は“東映まんがまつり”の1本として『ドラえもん』を入れたいと東映からオファーがあったという。劇場映画といっても、テレビで放映されたものをそのまま公開したいという申し入れだった。F先生の返事は「断ってください」の一言だった。

あわせて読みたい

星野源のプロフィールを見る
ヨムミル!ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「星野源 + ドラえもん」のおすすめ記事

「星野源 + ドラえもん」のおすすめ記事をもっと見る

「星野源 + 新垣結衣」のおすすめ記事

「星野源 + 新垣結衣」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「田中圭」のニュース

次に読みたい関連記事「田中圭」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 星野源 twitter
  2. 星野源 ドラえもん
  3. 星野源 ライブ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。