映画『指輪をはめたい』初日を迎え監督&キャストが笑顔で舞台挨拶

映画『指輪をはめたい』初日を迎え監督&キャストが笑顔で舞台挨拶

本日11月19日(土)、新宿・バルト9にて映画『指輪をはめたい』 の初日舞台挨拶が行われ、主演の山田孝之さん、共演の小西真奈美さん、真木よう子さん、池脇千鶴二階堂ふみさん、監督の岩田ユキさんが登壇しました。

本作は、スケートリンクで転倒したことから、プロポーズまで考えていた恋人に関する記憶を失ってしまった製薬会社の営業マン・片山輝彦(山田)の前に、自分が恋人だと名乗る3人の女性が現れるというちょっぴりビターなファンタジック・ラブコメディです。

プロモーションでは一貫して「男性に見てもらいたい」とPRしていた山田さんは、男性のお客さんも多く駆け付けた会場を見て「うれしいですね。アピールした甲斐がありました」と感激の様子で、「結婚を考えた時に、一生を共にする人をどういう基準で選ぶべきなんだろうっていう部分が、男性だったら共感してもらえると思います」とコメント。

また、輝彦の恋人の一人で、公園で人形劇舞台をしている女性・和歌子を演じた池脇は「(和歌子は)とにかく輝彦さんのことが好きで好きでたまらない、それだけに生きているところがあるのかなと思いながら演じていました。人形劇と輝彦さん、それだけで彼女の人生は作られているような」と役への思いを語りました。

トークの中盤には、MCから「もし記憶喪失になった自分の前に『あなたの恋人です』という人が現れたら?」という質問が投げかけられる一幕も。

監督と小西さんは「とりあえず一週間ぐらいお話をしてみてます」、二階堂さんは「その時自分がしたいことを一緒にやって、楽しかったら恋人と認めると思います」、真木さんは「もし本当に恋人だったら、(疑うのは)可哀想なので、たぶんすぐ付き合うと思います(笑)」と答えた中、池脇は「家族や友達の記憶が残っていたら、その人たちに『本当にこの人は恋人なの?』と聞いてみます。そこからその人を知っていこうかなと」と。一方、主演の山田さんは「ひと目で好きになっていたら、またその人と会った時に好きになると思うし、徐々に好きになっていたら、コミニュケーションをとっていくうちに好きになるだろうし…。なるようになるんじゃないですかね(笑)」と答え、それぞれの恋人に対する価値観を明かしていました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山田孝之 Instagram
  2. 山田孝之 ドラマ
  3. 山田孝之 映画
山田孝之のプロフィールを見る
よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2011年11月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「山田孝之 + 映画」のおすすめ記事

「山田孝之 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「山田孝之 + ドラマ」のおすすめ記事

「山田孝之 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岡田将生」のニュース

次に読みたい関連記事「岡田将生」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。