「第33回ABCお笑いグランプリ」は、かまいたちが優勝!

「第33回ABCお笑いグランプリ」は、かまいたちが優勝!

1月29日(日)にABCテレビにて生放送で開催された「ABCお笑いグランプリ」で、かまいたちが優勝しました。この大会は、これまで関西を中心に活動している結成5年未満のプロを対象としてきましたが、今年よりオールジャンルのお笑いで、対象を日本全国、そしてデビュー10年以内に門戸解放と、大きくリニューアルされての開催です。リニューアル第1弾となる今回は449組がエントリーし、二次審査を通過したのは36組。この36組が前日、28日に準決勝で戦い、決勝当日に10組の通過者が発表されました。見事準決勝を勝ち抜いたのは(審査得点順に)、1位・さらば青春の光、2位・かまいたち、3位・ソーセージ、4位・学天即、5位・三日月マンハッタン、6位・ジャルジャル、7位・ジグザグジギー、8位・藤崎マーケット、9位・パップコーン、10位・プラスマイナスという結果に。決勝では10位より順に登場し、各審査員(天野ひろゆき板尾創路、大平サブロー、ハイヒール・リンゴ、渡辺正行)につき100点の500点満点で得点が発表されます。

接戦が繰り広げられる中、9番目に登場したかまいたちは、コント「ホームルーム」を披露。濱家ふんする先生が、給食費やブルマを盗んだ生徒・山内の奇行に翻弄されるという設定。このコントが、458点をたたき出しトップに躍り出ます。そして、予選1位のさらば青春の光のコント「ぼったくりBAR」は454点と、4点差をつけて、かまいたちの優勝が決定しました。大会終了後の記者会見で、濱家は「優勝が決まった時、オンエアでは面白いことも言えず泣いてしまいました(笑)。ここ最近、伸び悩んでいると感じていたので、ほんまに嬉しいです。今大会から出場組数が増えたので、厳しいかなと思っていたんですが、優勝しかないと思って挑みました」とコメント。また、山内も「ほんまに皆さんが思ってる以上に伸び悩んでたんです(笑)。今回は1回戦からこのネタ1本で戦ってきました。でも、相方から夜に電話がかかってきて『もう1つのネタにしよう』と言われたんですが、説得して、決勝もこのネタでいきました」と明かしていました。さらに、優勝賞金300万円の使い道について濱家は「前回(2007年度も優勝。賞金100万円)は30万円を母親に渡したので、今回は100万円を渡そうと思います。残りは、借金を返して、後輩たちと飲みにいきたいんですが、僕は痛風を患っているので、お酒じゃなくお茶を飲みに行こうと思います」。山内は「実は、出演しているバラエティー番組『わっしょい!5up』の演出家さんに、もし優勝したら賞金のうち100万円を使って競馬をやるなどと話していたんですが、それでいいのか?と今は思っています(笑)。来月やる単独ライブで、お金をかけた豪華なコントに使いたいですね」と話していました。今後の活躍が注目されるかまいたち。皆さん応援よろしくお願いいたします!

あわせて読みたい

気になるキーワード

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2012年1月29日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「うしろシティ」のニュース

次に読みたい関連記事「うしろシティ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「チョコレートプラネット」のニュース

次に読みたい関連記事「チョコレートプラネット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タイムマシーン3号」のニュース

次に読みたい関連記事「タイムマシーン3号」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。