【ライブレポート】「吉本百年物語」5月公演にガダルカナル・タカさんが登場!

【ライブレポート】「吉本百年物語」5月公演にガダルカナル・タカさんが登場!

5月14日に幕を開けた吉本百年物語5月公演「キミとボクから始まった」。千秋楽まで残すところわずかになりましたが、六角精児さん、板尾創路、中川家・礼二をはじめとする出演者たちの演技にも磨きがかかってきています。そんな中、6月1日(金)の公演には、ゲストとしてガダルカナル・タカさんが登場しました。


第3場の幕間、なだぎ武による歌とタップダンスが終わったタイミングで、いきなりホウキを持ったタカさんが現れます。このサプライズに客席からは歓声が。さっそく、なだぎから「この舞台は吉本興業の御大・林正之助を描いているんですが、タカさんの御大と言えば、やっぱり、ビートたけしさん。たけしさんには数々の都市伝説的エピソードがあるので、それを今日は聞かせてください!」との要望が。そこで、なだぎが、たけしさんにまつわる伝説が書かれた紙の入ったボックスを用意します。


まず、最初の伝説は、「たけしさんのお弟子さんが引っ越しされる時、引っ越し祝いに『洗濯機がほしい』とお願いしたら、後日、洗濯桶が届いた。ところが、その桶の裏側に100万円が貼り付けてあった」というもの。これにタカさんは「本当です。この弟子というのはラッシャー板前です。うちの師匠は中途半端にオシャレなことするんですよ(笑)」と。続いては「たけしさんは若い頃、師匠に『トイレを掃除しろ』と言われ、以降、30年間に渡って、自分の家のみならず、仕事場や隣の家のトイレまで掃除している」という意外なエピソード。これには客席からも驚きの声が上がります。するとタカさんは「これも本当ですね。どこの店に行っても、自分がトイレに入った後は掃除をしてから出てくるんですよ。なので僕は、たけしさんがトイレに入った後に行くようにしています(笑)」と明かされていました。そして最後の伝説は「たけしさんの後輩たちが食事をしていたら、知らない間にたけしさんが会計を済ませていてくれた。お礼を言いに行くと『売れたらオレを使ってよ』と言われた」というもの。このお話にもタカさんはうなずき、「要は照れ隠しで言った言葉なんでしょうね」。なだぎも「カッコ良すぎですよね」と感心していました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガダルカナル・タカのプロフィールを見る
の記事をもっと見る 2012年6月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「荒川良々」のニュース

次に読みたい関連記事「荒川良々」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中尾彬」のニュース

次に読みたい関連記事「中尾彬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「濱田岳」のニュース

次に読みたい関連記事「濱田岳」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。