六代 桂文枝襲名披露口上に紋付姿の明石家さんまが登場!

六代 桂文枝襲名披露口上に紋付姿の明石家さんまが登場!

7月17日より六代桂文枝襲名を記念して行われてきた「三枝改メ六代桂文枝襲名披露口上」。これまで西川きよしや間寛平、オール阪神・巨人らベテランから、今田耕司雨上がり決死隊ブラックマヨネーズらまで日替わりで東西の人気芸人が登場してきました。そして、千秋楽となる7月23日(月)の3回目公演には、大トリとして明石家さんまが出演。六代文枝襲名後、なんばグランド花月での初共演が実現しました。


幕が開くと、六代文枝、桂きん枝、月亭八方、そして明石家さんまが紋付姿でズラリ。客席からは大歓声が起こります。その後、司会の月亭八方が「まずは、桂文枝一門、そして上方落語協会理事である桂きん枝からのあいさつです」と話すと、早々にさんまから「理事?」とツッコミが。思わず文枝が「選挙落ちてから復活したんです」とフォローに入るなど、序盤から掛け合いのような展開に。

そして、いよいよさんまのあいさつです。「今日はこんな晴れの場にお招きいただきありがとうございます。今日は笑福亭一門の五枚笹の紋付を着てきましたが、(松之助)師匠に怒られるかも」と、身を引き締めている様子。しかし、そこから「三枝という名がなくなるということで、今のうちに三枝時代の〝ウミ〟は出しておいたほうがいいかと」と思わぬ暴露トークに展開。

2人が共演していた人気バラエティー「ヤングおー!おー!」(MBSテレビ)で、三枝に理不尽に怒られたというエピソードや、西川きよしとのライバル話などをあげ、さらには三枝のモノマネまで披露し、さんま流の口上でお祝いしていました。
無事に千秋楽を終えた文枝は「口上前に、さんまが楽屋にきたので『好きなようにやってくれ』とは言ったんですが、まさかああゆう風にくるとはね」と苦笑い。しかし、暴露話は〝想定内〟だったよう。また「この1週間で一番長い口上になりましたが、さんまが来てくれて本当にうれしかった。今日は着物を着てくれていたのもうれしかったですね。いつかは落語界に戻ってきて盛り上げてほしいです」とエールも。その後は「襲名から1週間経ちましたが、実はまだ実感がなくて(笑)。楽屋にいる時も、まだ誰からも『文枝さん』とは呼ばれてないんですよね。これから、日本一の落語家になるという思いでやっていこうと思います」と改めて意気込みを語っていました。

今後は、襲名披露公演で日本全国をまわる六代文枝。今後とも応援をよろしくお願いいたします!

あわせて読みたい

気になるキーワード

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2012年7月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「月亭八方」のニュース

次に読みたい関連記事「月亭八方」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。