悲願達成! 藤崎マーケットが「第10回MBS漫才アワード」で賞レース初優勝!

悲願達成! 藤崎マーケットが「第10回MBS漫才アワード」で賞レース初優勝!

「高校生が選ぶ、今一番オモロイ漫才コンビ」をコンセプトにした「第10回MBS漫才アワード」決勝が8月30日(木)、MBSテレビで生放送され、藤崎マーケットが優勝しました。


今大会には194組がエントリーし、予選を勝ち抜いたプリマ旦那、藤崎マーケット、かまいたち、天竺鼠、インディアンス、学天即、祇園、アインシュタイン、銀シャリ和牛の10組が決勝に進出。今年行われた漫才賞レースで2冠を達成しているかまいたち、結成2年ながら予選5位通過のインディアンスらにも注目が集まっていましたが、これまで賞レースに縁の無かった藤崎マーケットが見事、初優勝を勝ち取りました。


優勝が決まった瞬間、田崎の目には涙が。一方、トキは、表彰授与してくれた高校生審査員代表に思わず抱きつき、大きな喜びを体で表現していました。その後の記者会見には、司会のブラックマヨネーズと共に出席。

まずは、トキが優勝直後の気持ちを話します。「これまで、ずっと同期や後輩にも負け続けていたので、今日勝たないともう厳しいなと相方と話していたんです。何より、漫才で賞を取れたことが一番うれしい」と感無量の様子です。一方、田崎も「いま、正直ホッとしています。最後の決戦は生きてる心地がしませんでしたが、じわじわと実感がわいてきました」。 
また、司会を務めたブラックマヨネーズ・小杉は「賞レースの司会は初めてでしたが、僕らもずっと賞レースに出ていたので邪魔にならないようにと思っていました。最後に田崎の涙を見て、僕も泣きそうになってしまいました」と感動したよう。吉田も「10組のネタを見てて、単純に一番面白かったですね。〝ラララライ体操〟の要素を少し取り入れたりして、『ドラゴンボール』を読んでる時に〝ペンギン村〟が出てくるような気持ちでした」と、独自の例えで優勝を称えていました。
また、これまでの苦労についても。トキが「『ラララライ体操』をやっていた時も漫才は作っていました」と明かすと、田崎も「その後もずっと〝ラララライ〟のイメージがあったので、それを脱却したいとは思っていました。でも、今は〝ライ〟と共存できているんですけどね(笑)」。さらにトキは「ずっと結果が出ない状態が長く続いていたんですが、そんな時、まわりの芸人仲間たちに『おもろい漫才やのにな』って言ってもらってたんです。まわりの皆に助けられてきたと思ってます」と、仲間たちへの感謝の意も述べていました。
最後は気になる賞金100万円の使い道です。「〝ラララライマネー〟も底をつきていたところでした。こないだ、カレー皿を割ってしまったので、まずはカレー皿を買いたい」とトキ。田崎は「実は、今僕の住んでいるマンションは変わった間取りの物件なのでロケのオファーが何度かあったんですが、住んでから、そのマンションがロケNGだと知りまして。さっそく引っ越しを考えようと思います」と話していました。
悲願の賞レース初優勝を達成した藤崎マーケット。高校生が「今一番オモロイ」と評した彼らの漫才に注目してください!

あわせて読みたい

気になるキーワード

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2012年8月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「チョコレートプラネット」のニュース

次に読みたい関連記事「チョコレートプラネット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「プリマ旦那」のニュース

次に読みたい関連記事「プリマ旦那」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テンダラー」のニュース

次に読みたい関連記事「テンダラー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。