『吉本百年物語』のゲストコーナーに夏川純さん、野性爆弾・ロッシーが出演!

『吉本百年物語』のゲストコーナーに夏川純さん、野性爆弾・ロッシーが出演!

吉本興業創業100周年を記念して、今年4月から12カ月にわたり、その歴史を月替わり12本のお芝居として上演している『吉本百年物語』。12月公演は「日本全国、テレビで遊ぼ」と題し、1970年代、新勢力として興隆したテレビのバラエティ番組の裏側や漫才ブームが沸き起こる直前の熱気を描いています。

劇中では、桂三枝(当時)の発案がきっかけで名番組へと成長した『パンチDEデート』も登場。司会者の桂三枝と西川きよしに、なだぎ武西川忠志がそれぞれ扮し、当時のままに番組を再現しています。なかでも見どころは、お見合いに挑戦する男女として、一般人ではなく個性あふれる日替わりゲストが出演すること。12月19日(水)は、夏川純さんと野性爆弾・ロッシーが登場しました。

なだぎと忠志に呼び込まれ、夏川さんとロッシーがそれぞれ舞台へ。ロッシーは「こちら、久々のごぼうという感じ」(忠志)、夏川さんは「こちら、久々の『平凡パンチ』表紙という感じ」(なだぎ)と、それぞれ形容されます。普段の舞台とは勝手が違うのか戸惑い気味のロッシーは、「お若く見えますね」という忠志の言葉に、「僕はいつも見てるんで、いつも通りです」と天然全開の返しを。夏川さんは「じゅんじゅんです」と元気よく名乗り、さっそくなだぎをメロメロに。とはいえ「広島の女性ってどんな感じなんですか?」との問いに「カキが大好きです」と答えるなど、しっかり笑いも織り交ぜます。「以前はグラビアのお仕事をさせていただいてました」という言葉に、ワクワクを隠せないロッシー。自身の仕事については「不思議なお仕事です」と語るなどしどろもどろになり、なだぎから「滑舌が悪い方ですね」とツッコまれる一幕も。


あわせて読みたい

気になるキーワード

桂三枝のプロフィールを見る
よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2012年12月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野沢直子」のニュース

次に読みたい関連記事「野沢直子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「博多華丸」のニュース

次に読みたい関連記事「博多華丸」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「なだぎ武」のニュース

次に読みたい関連記事「なだぎ武」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。