ハリセンボン・春菜、ジェラルド・バトラーから爆笑を取る!!『エンド・オブ・ホワイトハウス』来日記者会見

ハリセンボン・春菜、ジェラルド・バトラーから爆笑を取る!!『エンド・オブ・ホワイトハウス』来日記者会見

5月28日(火)、都内にて行なわれた『映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」ジェラルド・バトラー来日記者会見』に、ハリセンボンが出席しました。

同作は、アジア人テロリストによってたった13分で占拠され、15分で敵の要塞と化してしまったホワイトハウスへ主人公のマイク・バニングがたった1人で立ち向かっていくスペクタクル・エンターテイメント作。
ハリセンボンは、同作のプロデューサーで主人公を演じたジェラルド・バトラーさんの来日を記念した日本人ゲストとして、鈴木奈々さんとともに登場したというわけです。

まずは、燃え上がるホワイトハウスをイメージしたステージから、バトラーさんが登場。「コンニチハ! ワタシハニホンガダイスキデス! シャブシャブモ……(笑)」と日本語で挨拶した彼に、駆け付けた多くのファンからは大声援が。その様子に気をよくしたのか、自らのスマートフォンで会場の客席を撮影し始める自由さです。
また、椅子への着席を促されると、「こういうハイチェアっていうのは、アメリカでは老齢な方は座るものなんだ。こうやってギターを弾きながらね……」とジェスチャーしながら、「カントリーロード」をさらさらと歌い上げました。

同作については「楽しくてエキサイティングで、メッセージのある作品」と紹介。撮影中は怪我が耐えなかったそうですが、ラストのバトルシーンの撮影では首の骨を2本折っていたことを告白。「それが見つかったのも、歌っているときだった。高音が出なくて病院へ行ってMRI検査をして気づいたんだ」と語ります。

その後も報道陣からの質問に丁寧に答えるバトラーさん。熱心な分、通訳さんのコメントも必然的に長くなるわけですが、彼は「僕はそんなに喋ってないと思うけど。勝手に話をつくってない?」など通訳さんをからかいながら、「母のせいなんだ、おしゃべりが長いのは」と茶目っ気たっぷりに語り、大きな笑いが起こしていました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2013年5月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「パンサー」のニュース

次に読みたい関連記事「パンサー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バナナマン」のニュース

次に読みたい関連記事「バナナマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ダチョウ倶楽部」のニュース

次に読みたい関連記事「ダチョウ倶楽部」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。