『よしもと1DAYアカデミー』でオリエンタルラジオが特別講義を開講!

『よしもと1DAYアカデミー』でオリエンタルラジオが特別講義を開講!

8月11日(日)、株式会社吉本興業東京本部にて、『よしもと1DAYアカデミー2013「オリエンタルラジオ特別講義」』が開講されました。

「よしもと1DAYSアカデミー2013」とは、弊社が運営する芸人&タレント養成所「吉本総合芸能学院(NSC)」と、スタッフ&クリエイター養成所「よしもとクリエイティブカレッジ(YCC)」による合同のワークショップ型セミナーのこと。
7月14日(日)に行なわれた第1回目の特別講師は、平成ノブシコブシが務めました。なお、第一部では、NSC・YCCそれぞれの特別編成したカリキュラムを体験しています。

ロシアンモンキー・川口に呼び込まれて、登場したオリエンタルラジオ。聴講生へ向かって、「僕らもNSC時代に、B&Bの島田洋七師匠の特別講義を受けました。いつかこういう講義がしたいと思っていたので、いろんなお話をさせていただければと思っています」(中田)「よろしくお願いします!」(藤森)と、まずは挨拶しました。

大学時代に知り合い、一緒にNSCへ入学した2人。中田は別の相方とインディーズでやっていたようで、「学園祭で漫才やったりしてたんですけど、相方はプロになる気がなくて解散しまして。で、バイト先で(藤森と)仲よくなってお笑いやりたいねっていうことになったんです」とのこと。藤森曰く、「お笑いをやるなら、よしもとでしょう。好きな芸人さんもいるし、よしもとでトップになればいけるだろう」と言い出したのは中田だったそうですが、「俺言いました?」と本人はすっかり忘れている様子でした。

藤森はほとんど知らなかったそうで、「藤森くん向けのツアーをやりました。ルミネの劇場へ観に行ったり、渋谷の若手が出ているシアターDに行ったりして、感想をまとめてもらってましたね」と、NSC入学前からかなり研究していた2人。「あっちゃんはここまで計画的に物事を考えられる男ですから。ネタを100本つくってからNSCに入ると言って、毎日パソコンで1~2本のネタが送られていました。相方に恵まれていました!」(藤森)「準備万端で入学しましたよ」(中田)という2人の言葉に、川口は「すごいな。俺、いままでで100本のネタなんかつくってないで。相方がだらだらしてるからな」と感嘆します。

も、これには理由があったそう。「インディーズで芸人のまねごとをやっていたときに出ていたライブに、歳を取ったキワモノっぽい芸風の人がいて。生活ぶりも厳しいみたいでしたし、嫌な言い方ですけど、ああいうふうにはなりたくないと思ってたんです。で、インディーズの団体を辞めるときに、その人とご飯に行って、彼がNSC生だったことを知ったんです」と中田。その人は選抜クラスにも入るようなエリートながらも、挫折に挫折を重ねて、そこに至っていたというのです。
「その前までNSCに入ればなんとかなるだろうと思っていたんで、すごくショックで」と愕然とした中田に、その人は「もう一度お笑いをやるならば、覚えていてほしい。NSCとは学校というよりはオーディション期間だと。最初に輝くことができなければ、ずっとがんばらない」とアドバイスしてくれたそう。聞いていた川口は、「めっちゃいい人やんか!」と感激していました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2013年8月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オードリー」のニュース

次に読みたい関連記事「オードリー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「藤森慎吾」のニュース

次に読みたい関連記事「藤森慎吾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「とにかく明るい安村」のニュース

次に読みたい関連記事「とにかく明るい安村」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。