クレオパトラ第八回単独公演『メルヘンパラソル夕日論』

クレオパトラ第八回単独公演『メルヘンパラソル夕日論』

10月6日(日)、ルミネtheよしもとにて、クレオパトラ第八回単独公演『メルヘンパラソル夕日論』が行われました。

クレオパトラにとって、初めてのルミネtheよしもとの単独公演でしたが、本人たちの様々なプロモーションの甲斐もあって、当日はほぼ満席。
ストーリーの核心部分には触れないようにしつつ、写真と合わせ、2人がこだわった“世界観”だけでも伝わるようにレポートいたします。

期待感に満ちた空気が流れるなか、開演すると、最初に登場した男は、クレオパトラのどちらでもありません。
「これは雨の降り止まない世界のお話です」とストーリーテラーのように切り出したこの男、実はクレオパトラが地元・静岡での営業で知り合ったというマジシャンの大地(だいち)さん。
「そんな世界の研究者のおじいさんと、その妻であるおばあさんが仲良く暮らしていました。物語は、そんな老夫婦の家から始まります」と大地さんがセリフを言い終えると、いよいよ物語が動き始めます。

桑原尚希演じる“ジジイ”は研究者で、長谷川優貴演じる“ババア”はその妻。
雨の降り止まない、雨が降り続ける世界で、夕日という実態のない現象を再現しようとするジジイと、文句を言いながらも連れ添うババアとの軽妙なやりとりで、ルミネは早速笑いに包まれます。

第一幕となる老夫婦のコントがキレイなオチとともに終わると、左右の両モニターに、雨や水、空を基調としたオープニングVTRが流れ、その映像美で魅了しつつ、キャスト紹介では拍手が沸き起こりました。

それからは、じっくりとコントを展開。
本当は絵描きになりたいが金のためならなんでもするウェブデザイナー、笑い方が不気味で死神に間違われる船頭、ソーセージだらけの部屋に住む男、新たな雨具を発案しようとするキャサリン&ジェイシー……などなど、次々と奇っ怪なキャラクターを繰り出すクレオパトラの2人ですが、写真のとおり衣装替えはせず、同じ服のままで演じ分けます。


の記事をもっと見る 2013年10月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら