「烏龍パーク」加藤 社会人ラグビーに挑戦

「烏龍パーク」加藤 社会人ラグビーに挑戦

高校時代にラグビーで国体優勝の実績を持つ、お笑いコンビ「烏龍パーク」の加藤康雄が20年ぶりに社会人ラグビーに挑戦し、話題になっています。7月中旬から厳しい練習に取り組み、日本IBMビッグブルー(愛称・BBB)のフランカーとして選手登録され、前代未聞の“現役ラグビー選手芸人”が誕生しました。再開のきっかけは「芸人として何か特技を持つ」ためでしたが、すっかり、昔の情熱もよみがえってきています。

加藤の所属する日本IBMビッグブルーは、過去4シーズン、トップリーグに所属していた名門チーム。現在はトップリーグ2部に相当するトップイーストディビジョン1に所属していますが、将来的な昇格を狙い、今季からはIBMグループの社員だけでなく、広く、他企業の社員や自営業従事者にも選手としての門戸を開いていました。
 烏龍パークは10年以上の活動歴があるものの、残念ながら芸人としての知名度はイマイチ。芸人として何か目立つことをしたいと考えていた矢先、BBBが選手を募集している話を知人に聞き、決断。「自分はラグビー芸人になるしかない。現役ラグビー選手の芸人になれたらどうだろう」と芸人としての生き残りもかけ、覚悟を決めました。

7月中旬から練習に参加。最初はランニングについていくのも四苦八苦。練習は週3回。東京都中野区の自宅から千葉県八千代市のグランドまで1時間以上もかけて通ったとか。選手には外国人選手もおり、体格もまったくかないません。それでも、炎天下での厳しい練習に耐え、体重は2~3キロ増。ぶよぶよだった身体は筋肉で引き締まり「つらいし、きついことばっかりだけどラグビーが楽しい」と思うように。」チームでは最年長だが、球拾い、用具の運搬なども率先。チームメートにも親しまれ「本当の仲間ができた」と思えるようになったそうです。
 練習に取り組む姿勢が認められ、8月末には正式に選手登録されることが決定。同じラグビー経験者で、公私にわたってかわいがってもらっているブラックマヨネーズ小杉竜一(41)に報告すると「うそやろ。20年ぶり?無理やろ!球を前に投げてしまうで!」とビックリ。相方の橋本武志(38)は「俺に迷惑をかけてもいいけど、チームに迷惑をかけないでほしい」と加藤の挑戦を快く応援することにしました。

...続きを読む

あわせて読みたい

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2014年10月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。