「やっぱり沼津は最高!」芸人&県民共演の「静岡県民よしもと新喜劇」大成功

「やっぱり沼津は最高!」芸人&県民共演の「静岡県民よしもと新喜劇」大成功

昨日8月1日、静岡・沼津ラクーンよしもと劇場にて、富士彦が作・演出を務める「静岡県民よしもと新喜劇」が上演されました。
同舞台には、沼津市住みます芸人の富士彦を座長に、同じく住みます芸人のちゅ~りっぷ、ヌマンズ、ゲスト芸人のボルサリーノ、カートヤング、ゆったり感、さらにオーディションで選ばれた一般の方々が出演。静岡を中心に活動するアイドルのROSARIO+CROSS、劇団井桁屋の座長・座長、酒井健之助も舞台に華を添え、静岡を愛する多くのメンバーによって、新たなご当地新喜劇を作り上げました。

舞台は夏祭りの開催を控えた沼津市の文化センター。閉鎖のもあるこの施設を盛り上げるため、支配人(カートヤング)に頼まれた、芸能プロダクション社長(おのちゃんマン)とマネージャー江崎(ゆったり感・江崎)はアイドルグループROSARIO+CROSSを連れて、この施設にやってきます。

マネージャーは市役所の職員・中村(ゆったり感・中村)のおかしな言動に振り回されてケンカ寸前に。そこに先輩職員の富士彦が止めに入ります。中村の自由なボケには観客が大喜び。カートヤングのテッパンボケには、新喜劇名物でもある全員のズッコケが見事に決まりました。


また、社長はテレビ中継の準備も進めており、ディレクター(ちゅ~りっぷ網本)とレポーター(酒井健之助)も合流。時代劇風のレポーターという風変わりなキャラクターを健之助は面白おかしく演じます。続けてROSARIO+CROSSがパフォーマンスを見せると、会場のテンションも一気にアップ。夏祭りへの期待が一気に高まります。


しかしそこに姿を現した副市長(ボルサリーノ山田)は、夏祭りが疎ましい様子。実は副市長は市長のイスを狙っており、誰もいなくなったところを見計らって現れた怪しい男(ちゅ~りっぷ前迫)と夏祭りをぶち壊し、市長を退任させる計画を練るのです。それに利用されたのが支配人の息子(ヌマンズ原)の親友・植竹(ヌマンズ植竹)。とある理由から、植竹はしぶしぶ彼らに協力し、親友を罠に陥れてしまいました。前迫と植竹はこのやりとりの中で、コンビネーション抜群のボケを披露。これには山田も思わず笑ってしまいます。

支配人の息子に着せられた汚名のため、副市長はこれみよがしに文化センターでの夏祭り中止を宣言。追い詰められた支配人が市民に夏祭りの中止とセンターの閉館を宣言すると、沼津市民たちから非難の声が。この沼津市民を演じるのはまさに静岡県民の方々。1人1人しっかりとセリフに熱を込めて演じていました。
これで夏祭りは中止かと思いきや、副市長たちの策略に気付いたダンスユニット(Da Latti、AR'Z)が証拠を持って乱入。さらに、ここまでちょくちょく顔を見せていた掃除のおばちゃん(ボルサリーノ関)が衝撃の事実を明かします。果たして無事夏祭りは開催できるのでしょうか。
ラストは酒井健之助、ROSARIO+CROSS、Da Latti、AR'Zがダンスでコラボ。大衆演劇、アイドル、ダンスチームという異色のパフォーマンスに、会場中が大いに沸きました。「やっぱり沼津は最高!」という掛け声にはこの日一番の拍手が。もちろんオチの笑いもしっかりと取り幕を閉じた初の「静岡県民よしもと新喜劇」。今後の上演も大いに期待できそうです。


エンディングでは、参加してくれた人たちを富士彦が感謝の気持ちをこめて1人1人紹介。会場中が温かい空気に包まれました。しkし続けて「1つだけ謝らなければならないことがあります、1つだけ」と厳しい表情。舞台途中に前迫が繰り出したスベリギャグを丁寧に詫び。観客は大爆笑となりました。


沼津ラクーンよしもと劇場では、芸人たちのネタのほか、「明るいやつぐらんぷり~世界大会沼津予選~」」「よしもと歌うま選手権~ネタとカラオケ大会~」などのイベントライブ、地元パフォーマー参加の「静岡パフォーマーフェスティバル」なども開催中。

静岡の人たちはもちろんのこと、静岡以外の方々も、静岡×お笑いの盛り上がりをぜひ観に来てください。

<富士彦コメント>
これまで市民の方々と一緒に「ふるさと劇団」というのをやってたのですが、沼津以外から静岡全土の方が参加してくれていたので、今回は「静岡県民」という形でやらせていただきました。開館から1年たちまして、何か恩返しできないかという気持ちもあったので、「よしもとが来たら静岡が盛り上がる」というのではなく、「よしもとと静岡が一緒に盛り上がる」という大きな渦が作れたらという気持ちで。
参加していただいた方々を見てたら、やはりグッとくるものがありました。セリフなんてどうでもいいと思っていて、気持ちをぶつけてくださいとお願いしました。熱く言えることが大事ですよね。間違いも笑ってもらえるのがこの舞台。セリフは少ないですが、みなさんお仕事のあとに練習に来てくれたり一生懸命でした。
たくさんの方々にご協力いただいたプロジェクトなので、大変な部分もありますが、2回、3回とやっていけたらと思います!

◆沼津ラクーンよしもと劇場 http://www.yoshimoto.co.jp/numazu/

あわせて読みたい

気になるキーワード

富士彦のプロフィールを見る
よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2015年8月3日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「月亭八光」のニュース

次に読みたい関連記事「月亭八光」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中山功太」のニュース

次に読みたい関連記事「中山功太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヤナギブソン」のニュース

次に読みたい関連記事「ヤナギブソン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。