10年後の新喜劇を背負うのは誰だ!? 毎回替わるリーダーが笑いを引っ張るシリーズ第一弾「信濃岳夫の吉本新喜劇2026」

10年後の新喜劇を背負うのは誰だ!? 毎回替わるリーダーが笑いを引っ張るシリーズ第一弾「信濃岳夫の吉本新喜劇2026」

1月15日(金)、なんばグランド花月にて「信濃岳夫の吉本新喜劇2026」が開催されました。吉本新喜劇の10年後を担う若手座員が一丸となって作り上げてきた「吉本新喜劇2025」が、今年はさらにパワーアップ。毎回、ひとりの座員がリーダーとなり、出演者のキャラクターや笑いなど公演のすべてを背負います。この日、トップバッターの重責を担ったのは信濃岳夫。さらに烏川耕一、清水けんじが加わり、若手だけで行ってきたこれまでの公演とは、ひと味違う内容で観客を楽しませました。

物語の舞台は「うどん道場 花月」。なんでも雑誌などに載る人気店らしく、食べに来たカップル(新名徹郎&吉岡友見)も大絶賛しています。ところが店員(安井まさじ、奥重敦史、吉田裕)の失礼過ぎる接客に大激怒、一連のやりとりで、さっそく笑いを起こしていきます。


と、そこへ黒い胴着姿の男(信濃岳夫)が。不思議そうに店を眺め、カップルから「うどん屋だ」と説明されるとますます混乱している様子。道場の跡取り息子で、武者修行に出ていたという男は、奥から出てきた吉田らをを見てビックリ! 父の弟子だったはずが何故うどん屋に...? 買い出しに行っていたという姉(酒井藍)が帰ってきてやっと理由が判明、岳夫の留守中に父が急逝し、道場存続のため藍が得意のうどんを売りだしたところ人気となり、今ではうどん屋がメインになってしまっているとのこと。商売の合間に稽古はしていますが、体力と技はかなり低下しているようです。


信濃は緊張のあまり(?)セリフを噛む場面も。そんなハプニングも、言い間違いを使ってギャグに仕立てるなど出演者らがどんどんいじり、笑いへと変えていきます。姉弟感動の再会シーンは、信濃が酒井にはじき飛ばされ肉弾戦の様相に!


そんな中、店にあやしい男たち(今別府直之、レイチェル)がやって来ました。どう見てもチンピラというふたりですが、今別府は矢野・兵動 兵動と間違われ、ハンチングとメガネをつけて「すべらない話」を披露させられてしまいます。仕方なく年賀状にまつわる笑えないエピソードを語り、客席をざわつかせてしまう今別府。レイチェルのボイスパーカッションと「ピュッピュッ」のギャグでコラボするなど、やりたい放題です。


埒が明かず兄貴分(清水けんじ)を呼び込むと、今度は「薄い顔」いじりが炸裂! ショバ代を求める清水に対し、信濃、酒井、吉田、奥重、安井がコンビプレーでボケ倒し、止まらぬ攻撃に清水が思わず「もういい!」と池乃めだかの名フレーズを絶叫するひと幕も。最後はなんとか信濃が空手で撃退しましたが、道場の今後は前途多難なようで...。


翌朝、せっせとうどん屋から道場に戻すべく片づけをしている信濃。いざ稽古を始めてみると、吉田、奥重、安井はサボりまくりで、客席を大爆笑させます。


酒井からは「道場だけでは食べていけない」と言われ、姉弟げんかが勃発したところに、格闘技雑誌の記者(いちじまだいき)がやって来ました。さらに、うどん専門雑誌の記者(諸見里大介)も加わり、高過ぎる声や悪過ぎる滑舌で舞台を混乱に陥れます。


これだけでは終わりません。続いて因縁の相手である空手家(太田芳伸)と空手協会会長(清水啓之)、うどん職人(タックルながい)とうどん協会会長(烏川耕一)が次々と店に乱入し、それぞれ信濃と酒井に決闘を挑むという怒濤の展開に! 果たして姉弟の、そして道場の運命は...!? 烏川の謎めいた風貌も気になります。


物語はいよいよクライマックスへ。別々の日に行われる予定だったふたつの決闘が、何の手違いか同日・同時刻に重なってしまい、仕方なく「空手」と「うどん」、まったく別物の闘いが交互に行われるハメに。信濃と太田の手に汗握るバトルの一方で、体格だけは武道家ふうながら動きのまるでない酒井とながいのうどんづくり。


1分ごとに入れ替わる「動」と「静」の攻防が爆笑を巻き起こします。気付けば「うどん」のはずが「空手」で対決していたり、相手が入れ替わっていたり、まさにカオス状態となるも、激戦の結果、姉弟はともに勝利! 


酒井が弟の成長を認め、改めて「空手」1本で道場を運営することが決まり、めでたしめでたし...のはずが、最後はこぜりあいのすえ酒井が信濃を一撃で倒し「誰よりも強い」空手家の称号は思わぬ人物の手に。笑いと拍手に包まれ、この日の公演は幕となりました。


エンディングで、清水けんじから「(同シリーズでリーダーの)一発目に選ばれるということは、会社も期待している証拠」と持ち上げられた信濃ですが、座員トークの仕切りはちょっぴりぎこちなく、これがまた笑いを誘います。清水は劇中でめだかのギャグを思わず口にしたことを振り返り、「みんなが(清水いじりを)やめへんから、テンパってパクってしまいました」と告白。烏川からは「こんな格好をさせられて、でも何ひとついじられず」と苦情も!? これをきっかけに、ふたりから物語の"回し役"である信濃にダメ出しも連発されていました。


次回は1月18日(月)、同じくなんばグランド花月にて「太田芳伸の吉本新喜劇2026」が開催されます。さらに2月には新名徹郎、吉田裕がリーダーを務める公演もスタンバイ。毎回、まったく違う内容で贈る新喜劇の"未来形"、ぜひ劇場に足を運んでお楽しみください!


【イベント情報】


太田芳伸の吉本新喜劇2026

日時:1月18日(月) 開場18:40 開演:19:00


あわせて読みたい

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2016年1月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。