第5回「よしもとゴールデンアワー」はチュートリアル&ライセンス登場!出演芸人全員参加のゲームコーナーで大盛り上がり

第5回「よしもとゴールデンアワー」はチュートリアル&ライセンス登場!出演芸人全員参加のゲームコーナーで大盛り上がり

4月28日(木)、なんばグランド花月にて、「よしもとゴールデンアワー」が開催されました。たむらけんじの発案により立ち上がったこのイベントには、毎回、東西からイキのいい若手芸人が大集合。バラエティ番組や舞台で活躍する超人気芸人がMC&ナビゲーターを務めることでも注目を集める新たなシリーズライブです。

早くも5回目となるこの日、MCを務めるチュートリアルが登場すると、会場のテンションは早くもMAXに。昼の本公演も含め、久しぶりになんばグランド花月の舞台を踏んだというふたり。徳井は空き時間にカレーを食べに行ったそうで、その帰りに遭遇した熱いファンとのエピソードを紹介し、さっそく笑わせます。


続いてナビゲーターのライセンスが呼び込まれると、「ハンサムレジェンド」徳井と藤原がイケメン同士のまぶし過ぎる握手! しかし、その姿を間近で見ていた福田と井本は「劣化したなあ」としみじみ。当の徳井&藤原も「兄さん、目尻にシワ!」「キミもほうれい線が!」と言い合うなど、時の流れを感じさせる(?)オープニングとなりました。


「今日は信じられないほどの若手が出てきますから!」という井本の言葉に、期待高まるチュートリアルのふたり。まずは6組が、4分ネタを披露。トップバッターは、タナからイケダです。


さらに、ヒガシ逢ウサカ、


コマンダンテ、


中山女子短期大学、


GAG少年楽団、


ネゴシックスと続きます。


ネタの合間にはトークコーナーが設けられ、チュートリアルが気になる芸人をピックアップして話を聞いていきます。ここでまずターゲットにされたのはネゴシックス。持ち時間は4分あるはずなのに、「4分もやってない!」とブーイングを浴びてしまいます。最初は「3分ぐらいやった」と主張したネゴシックスでしたが、あまりの追及に最後は「あれは2分です」と自白!? 笑いの殿堂での舞台、しかも観客の反応も気になるなか、ついつい急ぎ足になってしまったそうで、話を聞いた徳井らは「舞台袖ではウケてたで」「至近距離で見た方が面白いネタやったな」とフォローを入れていました。


もうひとり、中山女子短期大学も舞台へ。プロフィール資料にある「奥様が構成作家」「築60年の家をリフォームしながら住んでいる」といった情報に興味津々の4人。中山女子短期大学が、フリップ作りは奥様が手伝ってくれていることや、家の間取りが謎の「5K」であることなどを明かすと、ますます前のめりで質問を投げ掛けます。さらに、「その人の生まれ年を聞けば、同級生の有名人が言える」という一発芸をやろうとしましたが、こちらは思わぬアドリブを振られ、あえなく撃沈した中山女子短期大学でした。


こんどはパンチのある2分ネタが3組。ガンバレルーヤ


市川フー、


ですよ。が登場しました。


トークコーナーでは、まず徳井がガンバレルーヤを指名。女優になりたくてなぜかNSCに入ったというよしこと、『志村けんのバカ殿様』に出たくてこの世界に入ったというまひる、ふたりの天然かつ強烈なキャラクターに、4人はすっかり魅了された様子。「すごいコンビやな」「来年たぶん売れてるで!」、ついには「吉本は安泰やな!」(徳井)という言葉まで飛び出し、まさに絶賛のとなりました。


ですよ。と市川フーからも話を聞くことに。ですよ。の「あ~い、とぅいまてぇ~ん!」が昔とはかなり違ってきていると指摘する4人は、プレーンなものと現在のスタイルを両方やって見せるよう要求。確かにまったく違うパフォーマンスと化しており、客席は大爆笑です。また、元はコンビで活動していたという市川からは、解散の理由などを根掘り葉掘り聞き出してはツッコミを入れていました。


最後のブロックは、再び4分ネタが6組。ダブルアート、


男性ブランコ、


横澤夏子


矢野号、


もう中学生、


そしてトリを飾ったのは天津でした。


トークコーナーでは、もう中学生のネタがどうも腑に堕ちないということで呼び出しがかかります。セリフについての質問では、答えれば答えるほどに迷宮入り。その後もネタの謎を解明すべく頑張る4人でしたが、最後まで解決はしませんでした。また、もう中学生が最近「もう中落語」をやっているとのことで、舞台で披露してもらう場面も。ところが出囃子のところで早くも戸惑いが広がり、ネタ終了後には「NGKでなんちゅうことしてくれてんねん!」とブーイング。すっかり"もう中ワールド"に翻弄されてしまいました。


ライブも終盤、いよいよゲームコーナーへ。本来は出演者のなかから5、6組を選んで行いますが、徳井は「ですよ。以外、全員出てきてもらったら?」と全員参加を提案。ですよ。はなぜか、舞台の端でゲームの始まりと終わりを「あ~い、とぅいまてぇ~ん!」で告げる係に任命されました。


福田が司会となり、徳井チーム、ライセンスチームに分かれて「みんなでジェスチャー!」と題したゲームに挑戦します。各チーム、1人の回答者に対して、全員がジェスチャーでお題を伝えるというもの。回答者は、正解が出るたび入れ替わっていきます。先攻後攻は、徳井と藤原による「ハンサムジャンケン」で決定...のはずが、グーチョキパーではなく揃って決め顔をしてしまい、客席も舞台上も大ウケ。気を取り直してのジャンケンでは藤原が勝ち、ライセンスチームが先攻に!

「テトリス」を独創的なジェスチャーで表現し、拍手を浴びる場面もあったライセンスチーム、結果は6ポイント。一方の徳井チームは、ジェスチャーが始まるやいなや正解を出してしまう回答者が続出するミラクルぶりで、8ポイント。どちらも集団の利点を生かしたジェスチャーが続出し、大いに沸かせました。


負けたライセンスチームからは、罰ゲームを受けるメンバーとしてヒガシ逢ウサカの高見が選ばれます。「一生懸命やってたのに!」との主張もあえなく却下され、巨大ハリセンのえじきに...。叩く側の徳井は、「オレがあの人を叩くの? シンプルすぎて怖い!」と及び腰。ついには、ですよ。まで一緒に罰ゲームを受けるハメになり、高見の背中をかすめたハリセンがですよ。の頭部を直撃するという悲劇に...。しくじった徳井が「あ~い、とぅいまてぇ~ん!」で全力謝罪するという、予想外の結末を迎えました。


エンディングでは、チュートリアルも「楽しかった!」「面白かった!」と大満足。次回は5月2日(月)、MCに雨上がり決死隊、ナビゲーターにケンドーコバヤシを迎えてお送りします。ぜひ劇場に足を運んで、笑いの最前線を体感してください!


【チュートリアル】【ライセンス】【天津】【ネゴシックス】【もう中学生】【ですよ。】【市川フー】【GAG少年楽団】【横澤夏子】【タナからイケダ】【中山女子短期大学】【矢野号】【コマンダンテ】【ダブルアート】【ヒガシ逢ウサカ】【男性ブランコ】【ガンバレルーヤ】

あわせて読みたい

気になるキーワード

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2016年5月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。