内堀知事、笑いのパワーで「新しい福島ファン」獲得に期待!『福島県・吉本興業株式会社 包括連携協定締結式』

内堀知事、笑いのパワーで「新しい福島ファン」獲得に期待!『福島県・吉本興業株式会社 包括連携協定締結式』

11月30日(水)、福島県福島市にある福島県庁にて、『福島県・吉本興業株式会社 包括連携協定締結式』が行われ、内堀雅雄福島県知事、吉本興業の大﨑洋代表取締役社長、長沢広明復興副大臣、福島県の「住みます芸人」ぺんぎんナッツが登壇しました。


今回、福島県と吉本興業は、相互に連携を図り、東日本大震災からの復興及び地域活性化を図るため、「包括連携協定」を締結。
吉本興業にとって、こうした包括連携協定締結は、都道府県では北海道に続いて2件目となります。


締結式では協定の概要が説明されたのに続き、内堀知事と大﨑社長が協定書へ署名。フォトセッションの間には、長沢広明復興副大臣が「面白くなくても、よしもとの社長になれるの?(笑)」と声を掛けるなど、終始和やかなムードで進行しました。


内堀知事は、今年1月に開設した「福島よしもと」など、吉本興業が県内で行ったこれまでの活動に感謝を述べつつ、風評と風化の2つの逆風に立ち向かっている福島にとって、国内外で幅広い世代の「新しい福島ファン」を獲得したいという強い気持ちを吐露。
そして、「吉本興業さんの斬新なアイディア、豊富なネットワーク、何よりも笑いのパワーをお借りしながら、国内外の多くの方々に発信していきたいと考えております」と期待を寄せました。


続いて大﨑社長は、「風評、風化が心配。特に大阪、関西の方たちが温度が低い」という実情を内堀知事から聞き、「関西のよしもととしましては恥じるばかりで、私ども阪神・淡路大震災を経験していまして、もっと実感を持って取り組まなければならないと思っております」とコメント。
芸人のみならず、アスリートや俳優、文化人など所属タレント約6000名、社員約800名を毎日のように福島へ通わせることを公言し、「今日の協定を機会に末永く、通い続けさせていただいて、芸人たちと一緒に少しでもお役に立てるようにと思っております」と今回の包括連携協定への思いを述べました。


の記事をもっと見る 2016年11月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら