ぷりずん。・兼近、先輩のピース・綾部をライバル視!?『徳井と綾部が、若手とイチャイチャ』(11/25)レポート

ぷりずん。・兼近、先輩のピース・綾部をライバル視!?『徳井と綾部が、若手とイチャイチャ』(11/25)レポート

11月25日(金)、東京・ヨシモト∞ホールにて『徳井と綾部が、若手とイチャイチャ』が開催されました。

こちらは、平成ノブシコブシ・徳井健太とピース綾部祐二が普段、あまり接点のない若手芸人たちとトークを繰り広げるイベント。この日、徳井が最も気になった芸人2組は、終盤にネタを1本披露することができます。

「クソ寒くてダメだねぇ」と顔をしかめる綾部に、「ニューヨークはもっと寒いだろ?」と返す徳井。「ここにこういう本屋があるとか(暮らすための)情報は手に入れた?」と聞かれた綾部は、「それは大丈夫。もう4回くらい言ってますから!」と自信たっぷりに答えます。
も、次期大統領にドナルド・トランプ氏が選ばれたことによって、現地の知人に「一旦、留学はやめたほうがいいかも」と助言されているそう。「もうあとには引けないよね?」と言う徳井に、綾部は「うん、引けないよ。『トランプさんが大統領になったから4年後に行きます』とは言えない。けど、まずビザが取れなかったら意味がないよなぁ」とちょっぴり不安を覗かせます。

ニューヨークへ拠点を移すと発表したことが、ここまで大きく取り上げられるとは思っていなかったようで「俺さぁ、謙遜する訳じゃないんだけど、そんなに話題になることですか?って思う。有吉(弘行)さんだとかくりーむしちゅーさんだとかだったら、わかるよ?」と困惑している様子。も、街中で「がんばってください」と好意的に声を掛けられることが多いようで、「この前、空港でサラリーマンの方に『私もヘルシンキに15年いてねぇ』って話しかけられた。その方は転勤だったみたいだけど、結果『電気毛布は持って行ったほうがいいですよ』ってアドバイスされた」と笑わせました。


ここで、ぷりずん。、ちんぺい、ガーリィレコード、魂の巾着という若手芸人4組を呼び込み、さまざまなお題に沿ってトークします。

「自分だけがした、こんな体験」というテーマで、2年前に自分がハーフだと知ったと話したのは、ガーリィレコード・フェニックス。生まれてすぐ離れてしまった母親について「『名前、何だったの?』って聞いたら(父親に)『アマンダ』って言われて。母ちゃん、中国系イギリス人だったんです。22歳で初めてハーフ芸人だと自覚したんですけど、ハーフエピソードはもちろん0。こんなハーフ芸人いるんだなって」と愕然とする彼に、「22歳になるまで疑問を持つことはなかったの?」と訊ねる徳井。「気付かなかった。兄弟もいないんで......」と未だに困惑しているようです。

自宅が遠くて、終電を逃しがちだというちんぺい・ゆっちゃん。本当は違う話がメインだったのですが、「この前、カツアゲにあって......」という言葉に食いつく徳井と綾部。「何人にやられたの?」と心配そうに訊ねる綾部に、「男3人で、背中をばーんと蹴られて。飛んでった財布から5千円抜かれました」と答えると、徳井は「『闇金ウシジマくん』みたいな世界だね」と苦笑いします。
相方・国場も30歳すぎてから大阪でカツアゲされたことがあるんだとか。徳井に「カツアゲにあったらどうする?」と聞かれた綾部は、15歳の頃、原宿で起こった出来事を語り始めます。
「茨城から原宿の竹下通りへ、友達に借りたG-SHOCKと、おふくろのマグレットイヤリングを鼻ピアスにして付けていった」という話に、「だっせぇ!」と大笑いする徳井。竹下通りで4人組の男性に囲まれた際、ピアスだと思ってマグネットピアスを取られそうになったそうですが、「そいつ、マグネットピアスがなんなのかわかってなくて、これ、なんなんだよってずっと言ってた」と話すと会場爆笑。一度逃げて再び捕まったものの、隙を見てまた逃げ出したそうで「1銭たりとも取られなかった」と話すと、「まさに、逃げるは恥だが役に立つ、だね」と感心する徳井でした。


学生時代、ヤンチャだったと話すのは、ぷりずん。・兼近。「僕、中卒で。本も読んだことがなかったし、字もろくに読めなかったんですけど、ある時、友達にあげようと偶然見つけた又吉さん(ピース)の『第2図書係補佐』を読んで感銘を受けて、芸人になろうと思って。そこから、又吉さんの好きな本は全部読んでます」と語ると、「やめてーーー!」と遮る綾部。「あ、でも『夜を乗り越える』っていう本では、綾部さんの才能を誉めてましたよ」と言われた途端、「......いいじゃない!」と絶賛して笑わせます。とにかく又吉を崇拝しているという兼近は、綾部に対抗心を燃やしているそうです。
すると、「殿(ビートたけしさん)も、綾部さんのことを認めてましたよ」と言い出した魂の巾着・金井。一時期、たけし軍団でお世話になっていたことがあったそうで「単独のDVD持って来てって、殿に言われたことありましたよね? あの時、僕はたけし軍団にいたんです」と続けると、驚く綾部。「初めて収録でお会いしたときに、『あんちゃん達、ネタはどっちがやってんだ? DVD持ってきてくれよ』って声をかけていただいた。持って行かせていただいた1週間後にお会いできたから、『DVD届きましたか?』って聞こうとしたら『あのネタは又吉とお前、逆になったほうがいいかもなぁ』って。ビートたけしさんが、僕らのネタを見た瞬間があるなんて!」と、その時の気持ちを思い出したようで、感情を込めて語りました。

続く、「私が出会った変な人」というテーマで、相方の奥様になる女性を挙げたゆっちゃん。「お酒を呑んでべろべろのときに、奥さんの本音が聞きたくて『こっくん(国場)のこと、どれくらい好き?』って聞いたら、『ハンバーグとケーキのほうが好き』って言ってました」と語ると、絶句する国場です。
ぷりずん・逢見が挙げたのは、先輩のカラテカ・入江。「お笑いの話を真面目にしてたら、洋服の袖からギョウザが出て来た」と話すと、ドッと笑いが。「鈴木おさむさんの家で、鍋をやったときに入江さんがみんなに取り分けてくれて。後輩に『くせぇな、香水つけてくんなよ』って言ってたんですけど、箸だと思ったらアロマディフューザーの棒で取り分けてたんです」という仰天エピソードに、徳井と綾部も爆笑。綾部も「次長課長・河本さんの家で猫飼ってたんだけど、入江さん、引っ越しの手伝いに猫アレルギーの後輩3人連れて来たことがあった」と、まさかの天然エピソードを明かしました。


このトークを踏まえて徳井が選んだのは、ぷりずん。、魂の巾着。選ばれた2組は緊張した面持ちながらも、それぞれ漫才を披露しました。





【徳井健太】【平成ノブシコブシ】【綾部祐二】【ピース】【魂の巾着】【ちんぺい】【ガーリィレコード】【ぷりずん。】

あわせて読みたい

気になるキーワード

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2016年12月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あべこうじ」のニュース

次に読みたい関連記事「あべこうじ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ブラックマヨネーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブラックマヨネーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秋山竜次」のニュース

次に読みたい関連記事「秋山竜次」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。