アニソン&お笑いで1608名を魅了! 天津・向プロデュース『アニ×ワラVol.7』レポート

アニソン&お笑いで1608名を魅了! 天津・向プロデュース『アニ×ワラVol.7』レポート

6月10日(土)、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて、『アニ×ワラVol.7』が開催され、豪華なアニソンアーティスト、声優アーティスト、そしてお笑い芸人たちによる一夜限りのアニソンフェスが4時間弱に渡って繰り広げられました。


オタク芸人の天津・向清太朗がプロデューサーとなり、"アニメソング"と"お笑い"との融合を目指す、唯一無二のアニソンフェス『アニ×ワラ』。
2014年1月18日に、東京・新宿FACEで第一回が開催されると、その後、渋谷O-EAST、有楽町よみうりホールなど、キャパと動員数をスケールアップさせながら回数を重ね、VOL.7となる今回は、過去最大キャパのTOKYO DOME CITY HALLへと進出しました。


3階席まで1608名の来場者で埋め尽くされた会場に、R藤本と伊藤広大(こりゃめでてーな)によるベジータとカイジの注意事項が流れた後、オープニングVTRとともにいよいよ開演。

オープニングアクトは、野沢雅子さんに扮したキャラ漫才で人気上昇中のアイデンティティが務め、「オス、おら野沢雅子!」の挨拶だけで爆笑!
そこに「何やっているんですか」と割って入りながら登場した『アニ×ワラ』プロデューサーの天津・向でしたが、お約束の(?)ブーイングに迎えられ、会場が一体となったところで開会宣言が行われます。


まず、最初のアーティストは、『アニ×ワラ』初出演となる渡部優衣さんで、『スペアミント』、『Brightest story』、『夢のキセキ』の3曲を披露。
客席をペンライトで青く染めるなどヒートアップさせながらも、生まれも育ちも大阪ということもあり、お笑いが「慣れ親しんだ文化」だと明かすなど、親しみやすいMCでも魅了しました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 天津 観光
よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2017年6月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「天津 + 観光」のおすすめ記事

「天津 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら