全国47都道府県の主婦によるご当地自慢ランキング!『よしもと47シュフラン2018』開催発表記者会見

全国47都道府県の主婦によるご当地自慢ランキング!『よしもと47シュフラン2018』開催発表記者会見

11月27日(月)、東京・神保町花月にて「『よしもと47シュフラン2018』開催発表記者会見」が開催され、とにかく明るい安村バンビーノ、かつみ♡さゆり、福本愛菜ハイキングウォーキング、ビスケッティ、dボタン・三中元克、スイーツなかのが登壇しました。

『よしもと47シュフラン』とは、全国47都道府県の主婦が、「人にオススメしたい!」「食べてもらいたい!」「お土産にはこれ!」といった商品を主婦目線で取り揃え、一般投票やよしもと主婦芸人、有名バイヤーなどがご当地商品を審査し、金賞を認定する地域活性プロジェクトのこと。認定を受けた商品は、よしもと芸人やメディアを通じて全国に発信されます。

2017年度は、推薦された11,789商品の中から「ごはん部門」「ごはんのおとも部門」「お菓子・スイーツ部門」「ドリンク部門」「からだにいい部門」の5部門268商品が金賞に選ばれた『よしもと47シュフラン』。今回はあらたに「郷土玩具部門」が設けられました。

また、2017年11月より、デジタルコンテンツをはじめとする広告制作、映像制作及び地方創生事業を展開している株式会社プラスディー(以下「プラスディー」)と地域創生事業における業務提携を開始。2018年度よりプラスディーと連携し、ホームページのリニューアルをはじめ、デジタルコンテンツの充実を図り、さらに展開を広げていく予定です。

まずはMCのタケトが登場し、簡単に概要を説明したあとは、『よしもと47シュフラン2018』各部門のサポーター芸人の登場です!

とにかく明るい安村、バンビーノ、かつみ♡さゆり、福本愛菜、ハイキングウォーキングが一度に登場し、ステージが華やかになったところで、安村から順番に各部門の紹介を兼ねてあいさつが行われます。


「ごはん部門」サポーターの安村は、1回目の『よしもと47シュフラン』から参加しており、手に持ったボードで股間を隠すしぐさも「1回目からやってる」そう。「本当だったらもう、『ごはん部門』はライス銀シャリがやればいいんだと思いますが、この座は誰にも渡しません!」と大声で主張しながらも、股間のボードをクルッとひっくり返すというアキラ100%のモノマネを見せる安村に、「今活躍してる人に乗っかるの、やめてください」とタケトが冷静にツッコんでいました。

するとそんな安村を見たさゆりが「痩せましたよね~。パンツブヨブヨですもん、後ろから見たら」と安村が痩せたことを指摘。安村は、一時期16kg痩せたが、現在は8kg戻ったことを明かし、「新しいパンツを作りたいんですけど、今度はグッズじゃないから大量発注できなくて、聞いてみたら『10枚で7万です』って言われた」と告白し、作るかどうか悩んでいると話します。「(このパンツ)みっともないですよね、すみません」という安村に、「ううん、ちょっと見えてる感じがいい(笑)」となぜか嬉しそうに答えるさゆりでした。

安村が「安心してください、認定されますよ!」とごはん部門をアピールしたところで、続いてはバンビーノ。『ごはんのお供部門』担当のバンビーノですが、なんと藤田の前職である料理人の腕を最大限に生かし、あの有名な「ステーキ宮」の"宮のたれ"を使った藤田考案のコラボメニューのレシピを全国チェーン展開することになったそう。すると、誰よりも「すご~い!!」と感嘆の声をあげたさゆりが「え~、それどうやったら絡めんの~?」といやらしく聞き、笑わせますが、負けじとかつみも「え、それロイヤリティなんぼなん?」といかにも大阪の商売人らしい質問を。


続く『お菓子・スイーツ部門』担当のかつみ♡さゆりは、自身がスイーツのお店をやる前からこの部門を担当していたそうですが、「まさかの奇跡ですよ。結婚20周年の記念日に店つぶれましてん」(さゆり)と、お店がつぶれたことを明かし、笑わせます。なんでも中国ファンドがビルごと買い取ったせいで家賃が3倍になったそうで、家賃が払えなくなったんだとか。するとさゆりが「でも、半沢直樹みたいな人と知り合えて、金利が1.475に減りましてん! これがどういうことかわかります?......元金が減りますねん!」と熱弁をふるい、報道陣は大爆笑!

タケトに「シュフランの話に戻しましょうよ!」とツッコまれた2人は、「たくさんのエントリー、お待ちしてます! ボンヨヨヨ~ン!」とお決まりのポーズを決め、その場をきっちり締めていました。 

『ドリンク部門』を担当するのは、今回がシュフラン初参加となる福本愛菜。日本酒が大好きで、日本酒をプロデュースして女性にも飲みやすいお酒を作ったこともあるという福本はまさに『ドリンク部門』担当にピッタリ! しかし、自身のプロデュースしたお酒のためにいろんなイベントをやったそうなのですが、「そのギャランティがクソ安くて」と、まさかのアイドルにあるまじき言葉遣いに周りの芸人たちが大ウケする一幕も。

さらに福本は昨日の大阪マラソンに出場し、4時間18分で完走したそうで、これには一同「すご~い!」と驚愕! するとさゆりが「私が昔走った時は10時間29分30秒でした!」とありえないくらい遅いタイムを発表。そこにかつみが「その距離、普通に歩いたら9時間で歩けまんねん」と追い討ちをかけますが、バンビーノ・石山に「これ、ガッツリネタですよ!」とバラされていました。

続く『体にいい部門』担当のシルクがこの日欠席だったため、タケトが代わりに紹介した後は、最後の『郷土玩具部門』担当、ハイキングウォーキングへ。今回からあらたに設けられた『郷土玩具部門』は、あまり知られていないものの、すぐれた郷土玩具を全国へ発信していこうという思いのもとに新設されたものです。

今回、「よしもとプラモデル部」の活躍もあってこの部門のサポーターに抜擢されたハイキングウォーキング。なんでも世界的なガンダムプラモデル大会の日本大会の最終に、「よしもとプラモデル部」のメンバーが3人も残っていたそうなのですが、そこにハイキングウォーキングの2人はおらず、「僕が副部長だから」(Q太郎)ということが抜擢の理由だと明かした上で、突如「卑弥呼さま~!」でその場を締め、「だってカンペに書いてあるんですも~ん!」と、自分のせいじゃないと言いたげにカンペを見せるQ太郎でした。


全部門の紹介が終わったところで、タケトがこれまでの『よしもと47シュフラン』を簡単に振り返り、これまでの認定数が600を超えたことや、認定されてから売り上げが200%に伸びた商品が複数あること、また認定されたことで商品がドンキホーテのバイヤーの目に止まり、一部店舗で販売されるようになったことなどが報告されます。

続いての試食コーナーでは、「忙しい公務の合間をぬって、すごい方が駆けつけてくれてます」とタケトに紹介され、安倍晋三のモノマネでおなじみのビスケッティが登場。安倍総理(佐竹)は昨日、学祭に出演したそうで、「何やったんですか?」と聞かれ、「顔マネメドレーを......」とちょっぴり恥ずかしそうに答え、報道陣を笑いに誘っていました。

めちゃイケメンバーのdボタン・三中や、これまでに5000種類以上のスイーツを食べ歩いた男・スイーツなかのも登場。スイーツなかのが5000種類のスイーツを食べ歩いたと聞いたかつみが「ウチの店には来てくれたん?」と聞き、なかのが「......行ってないです」と答えると、かつみ、さゆり、安村、バンビーノらがコケますが、かつみさゆりはわざわざワゴンにぶつかって派手な音をさせてコケたため、それに感嘆したタケトが「さすが! 困った時は鳴り物のところに行く。これ書いといてくださいね!」と記者にアピールします。


淡路島の『山田米 ヒノヒカリ』や、熊本の『蛍丸サイダー』など、すでに『よしもと47シュフラン2018』に応募があった認定前の商品を紹介したあと、その中の『グルテンフリー 米粉ブランパン』(新潟県)、『蛍丸サイダー』(熊本県)、『あまおうプリン』(福岡県)をそれぞれ試食するサポーターメンバー。


『グルテンフリー 米粉ブランパン』を試食した安村は、「すごいもちもちでおいしい! しかもグルテンフリーだし助かります。うちの子もアレルギーがあるので......お父さんアレルギーが(笑)」と笑わせます。また、『あまおうプリン』を試食した三中は「このプリン、めちゃめちゃイケてるっ!」と番組名を盛り込んだ感想で笑わせたあと、「これ来年の3月までしか使えないんで......」と、番組終了の時期までしか使えない言い回しであることを強調。さらに、番組が終了するという報道を聞いて驚いてスタッフさんにメールしたものの、返事がまだ来ないというちょっと切ない事実も明かします。

『郷土玩具部門』に応募があった『地獄のピーヒャラ』(兵庫県)という、19個の吹き戻しがジョイントされているおもちゃを試したかつみ♡さゆりは、「これええやん! どこで売ってんの?」とすっかり気に入った様子。しかも「頭に使ったらトナカイみたいになるし、これからのクリスマスの時期にいいんちゃう?」と、ボンヨヨヨーンにも使えるのでは?と言われ、「ホンマや!(いいアイデア)ありがとう~!」と、自身のギャグへの応用まで考えるさゆりでした。

昨年は『ドリンク部門』担当だったのに、コーラの芸がドリンク部門にふさわしくないという理由から担当を外されたQ太郎は、『蛍丸サイダー』を一気飲み。しかも、すかさずゲップをしたため、みんなからブーイングが起こります。すると「(ドリンク部門を)降ろされたんだからもういいでしょ!」と完全に開き直った態度を見せ、笑わせます。最後に、スイーツなかのの「ナイスイーツ!」も飛び出したところで、会見はにぎやかに幕を閉じました。


『よしもと47シュフラン2018』への応募は2018年1月26日(金)まで。ぜひ応募してみてくださいね!


【とにかく明るい安村】【バンビーノ】【かつみ♡さゆり】【ハイキングウォーキング】【ビスケッティ】【dボタン】【三中元克】【スイーツなかの】【タケト】

あわせて読みたい

気になるキーワード

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2017年11月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「とんねるず」のニュース

次に読みたい関連記事「とんねるず」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ケンドーコバヤシ」のニュース

次に読みたい関連記事「ケンドーコバヤシ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。