Netflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』 舞台挨拶にジミー大西、村上ショージ、中尾明慶、六角慎司が登壇! 撮影秘話を大放出

Netflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』 舞台挨拶にジミー大西、村上ショージ、中尾明慶、六角慎司が登壇! 撮影秘話を大放出

7月14日(土)、大阪・YES THEATERにて、Netflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』全9話イッキ観試写会が行われ、上映後の舞台挨拶に、ジミー大西、村上ショージ、中尾明慶さん、六角慎司さんが登壇しました。同作は、明石家さんまが初めて企画・プロデュースする連続ドラマ。1980年代の大阪を舞台に、若きお笑い界のスーパースター・明石家さんまに見いだされたジミー大西が、"ありえへん"エピソードを巻き起こしつつ成長していく姿を描いています。



朝10時半から、全9話を文字通り一気に見終わった観客の前に、司会を務めるお笑いコンビ"女と男"が登場。



続いてジミー大西役の中尾さん、Mr.オクレ役の六角さん、ジミー大西、そしてスペシャルゲストとして呼び込まれると、客席から大歓声が上がります。



中尾さん、六角さんは、日中37度を記録した猛暑にもかかわらず集まった観客に、「ありがとうございました」と感謝。一方、ジミーは客席後方で観客とともに作品を鑑賞したそうですが、ペットボトルの水を足下に落としてしまい、「そのまま下に落ちていったかもしれない...飲もうと思ったらどっかいってなかったんです」とさっそく天然発言で沸かせます。

ここから、4人によるクロストークがスタート。



いよいよ7月20日(金)より配信が始まることについて、中尾さんは「いろいろあったけど、普通なら撮り直しは考えられないこと。さんまさん、そしてスタッフの皆さんの思いがあったからこそ、この日を迎えられました。多くの人に見ていただけたらありがたいなと思います」と心境を語ります。ジミーは「(配信延期が決まった)2日後に若(さんま)から『ごはん食べにいこう』って言われて。落ち込んではるかなと思ったら、元気にしてはりました。キャッキャひとりでしゃべってはった」と振り返り、笑いを誘いました。



中尾さんは、舞台で共演したさんまから、「ドラマを作るから、そのときは出てな」と言われており、「ワンシーンでも出られたらうれしいな」と思っていたそう。ところが手元に届いた台本を見てみると、ジミー大西役、さらには主役であることが発覚。「無理かもと思いました...これは難しいな、どうしよう?と」と中尾さん。ショージから「でも、顔似てるで」とツッコまれると、「さんまさんも、そう言ってくださるんです。さんまさん役を玉山鉄二さんが演じることになったとき、ネット上で『かっこよすぎるんじゃないか』とざわついたけど、僕のジミーさん役には何もなかった。ちょっとぐらいあってもいいのに(笑)。でも、それで少しホッとしたところはありました」と話します。



ルックスもたたずまいもしゃべり方も、Mr.オクレそのものと絶賛された六角さんは、「『やった!』『うれしい!』、生まれて初めて、両親に『この顔に生んでくれてありがとう』と思いました」とひとこと。『オレたちひょうきん族』でオクレやショージらが歌っていた『ラブユー貧乏』をリアルタイムで見ていたそうで、「あの頃の自分に会えるなら、『これ、やるよ。覚えておけよ』と言いたい」と感慨深い表情でした。



ショージからは、ドラマで描ききれなかったジミーの「アホみたいなホンマの話」が続々と。ふたりがお世話になったという喫茶店のマスターに、寿司屋で高いネタばかりをご馳走になった翌日、それを完全に忘れていた話には一同仰天。先輩の自宅に遊びに行き、そこで寝ていたジミーが、突然起き出して鳴ってもいない電話を取った話は、「先輩ばかりのなか緊張していた。夢の中で電話が鳴るぐらいテンパっていた」(ジミー)せいだとか。あるステージでさんまが『あみだばばあの唄』を歌っていたとき、バックで踊っていたジミーが起こした衝撃事件には、客席から悲鳴とどよめきも...。



また、スペシャルゲストで、さんまと親交の深い木村拓哉さんが出演していることも明らかに。「(再撮影を含め)2回、来てくださっているので、そこにもまた愛を感じる。(さんまと木村さん)おふたりの関係性があってのこと」と中尾さん。役柄は「芸人A」で、「普通のドラマでは見られない木村拓哉さんが見られる」そう。現場でも、木村さんの参加は事前に知らされておらず、「よく見ると木村さんの気がするし...という空気だった。二度目のときは『また来たよ。大変だと思うけどがんばってね』と声をかけていただきました」(中尾さん)。

さらに、さんまとの撮影エピソードをきかれた中尾さんは、「まず、さんまさんとジミーさんが台本を使ってリハーサルし、僕らがそれを見て勉強する。『オレらがやると、こういう空気とテンポだから、盗めるところは盗んでね』という感じ」とコメント。「ご本人の前お芝居する玉山さんが、いちばん大変だったと思いますが、僕らも緊張感がありました」と明かしていました。

六角さんは、「リハーサルを見て、さんまさんがコソッと特殊な"お笑いの武器"をくれるんです」と裏話を。木村さん出演シーンでもさんま直伝のアドリブに挑戦したそうで、「木村さんの横で、しかもそれをさんまさんが見ていて...二重に怖かった」とそのときの心境を語っていました。

最後は、中尾さんとジミーが改めて挨拶を。「さんまさん、多くのスタッフの方に助けていただいて、もうすぐ配信になるのがうれしい。できるだけ多くの方に見ていただいて、今後も『Jimmy』というドラマを応援していただけたら」と中尾さん。ジミーも「ぜひともヒットすることを願い、よろしくお願いします!」と呼びかけていました。



【村上ショージ】【ジミー大西】【女と男】

● 作品概要


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ジミー大西 ドラマ
  2. ジミー大西 結婚
ジミー大西のプロフィールを見る
の記事をもっと見る 2018年7月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ジミー大西 + 結婚」のおすすめ記事

「ジミー大西 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「ジミー大西 + ドラマ」のおすすめ記事

「ジミー大西 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「堺正章」のニュース

次に読みたい関連記事「堺正章」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら