感謝の気持ちを込めた公演がスタート! 「芸能生活50周年記念公演 月亭八方 落語誘笑会」

感謝の気持ちを込めた公演がスタート! 「芸能生活50周年記念公演 月亭八方 落語誘笑会」

月亭八方の芸能生活50周年を迎える記念公演「芸能生活50周年記念公演 月亭八方 落語誘笑会」。皮切りとなる初公演が8月18日(土)、名古屋能楽堂にて開かれました。

大きな拍手に迎えられて登場した主役の月亭八方は、「ようこそお越しいただいて、ありがとうございます。芸能生活50周年の公演に多数の方にお越しいただき、本当にありがとうございます」とご挨拶。

 

「名古屋と言いますと、少し私も縁がございまして。私の母親が名古屋に近い京都の生まれ」と切り出すと、会場からは早くも笑いが。「そして父親も名古屋と縁の深い和歌山の生まれ。そんな関係で、名古屋は私にとって第2の故郷のような気持ちがするんですけれども」と沸かせます。

 

続けて「師匠の月亭可朝に弟子入りして50年。師匠は今年の3月に亡くなりましたが、『飲む・打つ・買うができんと、落語家や芸人は大成せんのや』と教えられました」と、入門時を回想します。「有名になりたい、お金持ちになりたいとは思っていませんでした。でも、落語家月亭八方のままで一生を終えたいなぁとは考えていたんです。今、70歳。もう転職はできそうにないので、その夢は叶いそうです」と、おどけながらも入門時に抱いていた夢について語りました。

 

そして、事前の会見で必ず披露すると約束していた定番の楽屋噺へ。数ある楽屋噺のなかでも「忘れられないヒット作品」と自信を持つエピソードに会場は笑いに包まれます。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。