主演の村上虹郎さんからジャルジャル・後藤へ「M-1がんばって」とエールも! 映画『銃』初日舞台挨拶

主演の村上虹郎さんからジャルジャル・後藤へ「M-1がんばって」とエールも! 映画『銃』初日舞台挨拶

11月17日(土)、東京・テアトル新宿にて、本日公開の映画『銃』の初日舞台挨拶が行われ、村上虹郎さん、広瀬アリスさん、日南響子さん、リリー・フランキーさん、日南響子さん、新垣里沙さん、岡山天音さん、後藤淳平ジャルジャル)、原作者の中村文則さん、武正晴監督、奥山和由プロデューサーが登壇しました。


作家・中村文則さんのデビュー作『銃』(02年新潮新人賞受賞)を、奥山プロデューサーの企画・製作のもと、武正晴監督によるモノクロームの映像表現で待望の映画化。
銃を手にし、その魅力に捉われ、且つ支配され、徐々に狂気が満ちていく主人公・西川トオルを村上虹郎さん、ヒロイン・ヨシカワユウコを広瀬アリスさんが演じ、先日の第31回東京国際映画にて、日本映画スプラッシュ監督賞で武正晴監督が、東京ジェムストーン賞に村上虹郎さんが、それぞれ受賞したことでも注目を集めています。


舞台挨拶が始まるも、「リリーさんがもうすぐくるはず」と奥山プロデューサーが、リリー・フランキーさんの遅刻を暴露し、全員が不在のリリーさんをいじる流れに。
開始から5分ほど経過し、拍手を浴びながら姿を現したリリーさんは「すいません、12時からだと思っていました」と弁明しました。


奥山プロデューサーは、原作の『銃』について「自分のバイブル」と言い切り、映画についても「誰一人欠けても出来ていない運命の映画」と自信のコメント。


武監督は、モノクロームで進行する手法について「銃のリアリティと主人公にカメラが寄り添っていくだろうなと思った時に、白黒、フィルム・ノワールへのあこがれもあったので、奥山さんに提案した」と述懐します。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ジャルジャル めちゃイケ!
  2. ジャルジャル 後藤淳平
  3. ジャルジャル 福徳秀介
よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2018年11月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ジャルジャル + 後藤淳平」のおすすめ記事

「ジャルジャル + 後藤淳平」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャルジャル + 福徳秀介」のおすすめ記事

「ジャルジャル + 福徳秀介」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ゆりやんレトリィバァ」のニュース

次に読みたい関連記事「ゆりやんレトリィバァ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。