映画『銃』オールナイト上映×トークイベント「狂気を偏愛する映画たち」開催

映画『銃』オールナイト上映×トークイベント「狂気を偏愛する映画たち」開催

11月17日(土)に初日を迎える映画『銃』、その公開を記念したオールナイト上映×トークイベント「狂気を偏愛する映画たち」が10日(土)、テアトル新宿で行われました。


当日は『銃』に縁とゆかりのある3作品『GONIN』『トカレフ』『タクシードライバー』を一挙に上映。『銃』のメガホンを取った武正晴監督、『トカレフ』の阪本順治監督が登壇して作品の裏側とこだわりを語り、アクション女優である屋敷紘子さんがMCを務めました。


テアトル新宿は『トカレフ』が24年前に公開された劇場で「こうやって24年経って、もう一度フィルムで観てもらえるのは光栄です」と感慨深げな阪本監督ですが、「その年の興行成績ワースト2っていう本当に名誉な映画」と笑いを盛り込み、関西人らしいサービス精神も忘れません。


当時公開初日にテアトル新宿で『トカレフ』を観たという武監督は、「『銃』も『トカレフ』のように24年後、同じ劇場に監督とともに帰ってこられる幸せな映画になってくれないかなと思ってます」とフォロー。ともに井筒和幸監督の助監督を務めていた共通点を持つ2人、同時に助監督を務めたことこそないものの「まぁ、"井筒一門"みたいな」(阪本監督)と勝手知ったる間柄で、和やかにトークもスタートします。

この日最初に上映された『GONIN』は石井隆監督作で、武監督が「監督助手」としてクレジットされた作品。佐藤浩市さん、本木雅弘さん、根津甚八さん、竹中直人さん、椎名桔平さん、北野武さんといった豪華キャストが並ぶ本作を、武監督は「松竹の潤沢な予算で大掛かりに、修業時代としてはものすごくよい修業をさせてもらったことを覚えています」と懐かしみます。また、後に『銃』の監督となることを予見するように『GONIN』では鉄砲を担当し、クライマックスとなる銃撃戦の前に本木さんに鉄砲を手渡した、といった逸話も披露されました。

...続きを読む

あわせて読みたい

よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2018年11月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。