「ハートにちゅっ」甘栗カンパニーがファン投票1位でMV撮影権獲得!『Laugh&Peace Music Fes!!2018 Winter』

「ハートにちゅっ」甘栗カンパニーがファン投票1位でMV撮影権獲得!『Laugh&Peace Music Fes!!2018 Winter』

2018年12月31日(月)、東京・よしもと∞ホールで、『Laugh&Peace Music Fes!! 2018 Winter~平成最後の大晦日SP~』が開催されました。
このイベントは、よしもと芸人の楽曲や歌ネタ、リズムネタなどを配信する"Laugh&Peace Music"が贈るフェス。歌ネタやダンス、ガチ歌のほか、ここでしか見られないシャッフルユニットも登場。

歌ブロックのコーナーでは、会場のお客さん投票1位のメンバーにMVの撮影権が与えられるという企画も行われました。
司会進行のインディアンスがオープニングトークを終えると、まずは歌ネタブロックがスタート。
トップバッターのひょっこりはんは、テレビでもおなじみとなった、あらゆるところからひょっこり顔を出すネタ3連発で客席をあたためます。
続くラフレクランは、サッカー観戦をする男女のコントを。徐々に隣の男性が気になる女子を演じるきょんの絶妙な表情に笑いを誘われます。



アイロンヘッドは、トイレの音姫ボタンを押すと生演奏が始まるというネタ。辻井のギター演奏力、歌唱力が光るコントで観客を魅了しました。


ZAZYは、街コンをテーマにした紙芝居でテンポの良い言葉遊びを聞かせ、ニューヨークは、嶋佐が女々しすぎる歌詞の歌を披露。
また、マヂカルラブリー・野田は自身が作詞作曲を手がけた『ヤンキーの集団に囲まれた話』を歌いきり、「気味が悪い」「SALTY'sとか好きな人、絶対嫌いやろな」とインディアンスを呆れさせていました。

TRFのパロディーユニット、イージードゥーダンサーズはテンポの良いTRFネタで客席を沸かせ、しゅんしゅんクリニックPは軽快に"医者あるある"を歌い踊り、コール&レスポンスなどで盛り上げます。




西村ヒロチョはいつも通りロマンティックな歌ネタで魅せ、こがけんは"歌が下手でもうまく歌うことができるマジカルマイク"というネタで爆笑をさらいます。



ジェラードンのネタでは、如月マロン(かみちぃ)がかわいく歌う『いちごのショートケーキ』に観客も一緒にクラップして大盛り上がり。
2700は"ツネミチヒロシ"の歌で堂に入ったパフォーマンスを披露し、プラス・マイナス・兼光は『夏の日の1993』を、高橋茂雄オール巨人などさまざまなモノマネで器用に歌い上げました。




続くダンスブロックでは、K-13、Re:Complexがオープニングアクトで見事なダンスを披露。
その後、ダンスをテーマにしたミニコーナーが行われ、ダンスが下手な芸人にはダンス下手ユニット"オドレナリン"としてその場で踊ってもらうという罰ゲームが課されることに。
まずは"ダンスdeお絵かき伝言ゲーム"で、Aチーム(Re:Complex・森下真帆さん&渡邉梨沙さん&金子京平さん、アイロンヘッド)とBチーム(ニューヨーク、ZAZY、甘栗カンパニー・きょん&小阪)が対決。
ダンスしながらのお絵かき伝言ゲームでダンスをする......というゲームですが、本題に入る前に、小阪が、客席のファンに向かって「ハート、ハート、ハートにちゅっ」とかわいくキメたあと「ありがと」と白目をむき、一同は思わず爆笑。ニューヨーク・嶋佐までマネしだすのでした。




いよいよゲームが始まり、Aチームには「パンダ」というお題が。しかしダンスしながらのお絵かきでパンダを表現するのが難しく、あえなく失敗。一方Bチームの「サザエさん」というお題では、一番手のきょんが思いのほか上手に絵を描き場内は拍手喝采。ZAZYらもうまくつなぎ、回答者の屋敷が見事正解すると、アイロンヘッド・ナポリからは「芸人がガチで当てるなって!」とツッコミが入りました。
去り際にも「ハート、ハート、ハートにちゅっ」と客席にアピールする小阪に、会場も大盛り上がり。「売れたな~」と周囲がイジるも、「僕、来年売れるって全占い師に言われたんですよ」と、小阪はすっかり気をよくしていました。


次のゲームは「ダンス de ジェスチャー」。Aチーム(Re:Complex・長澤翼さん&芦田茉奈津さん、しゅんしゅんクリニックP、EXIT)、Bチーム(ジェラードン、イージードゥーダンサーズ)に分かれ、ダンスしながらのジェスチャーゲームに挑戦します。
Aチームは、途中まで順調に正解を重ねるも、EXIT・かねちーが「占い師」を表現できずタイムアップ。
対するBチームでは、ジェラードン・かみちぃと西本が激しいダンスを織り交ぜ、最終的には何を表しているか誰もわからない状態に。結果的に、2問多く正解したAチームのほうが勝利となりました。


2つのゲームを終え、ダンス下手芸人"オドレナリン"として選ばれたのは、イージードゥーダンサーズ・太田&大原、ニューヨーク・嶋佐、アイロンヘッド・ナポリの4人。
「リズム感がない」と評された大原はかつらを脱ぎ捨てプンプンです。結局、4人で「U.S.A.」を踊り、その個性的なダンスを客席も温かく見守りました。


続いては芸人たちがガチ歌で勝負するミュージックブロック。甘栗カンパニーは『やばい キレそう。』など3曲をメドレーで明るくポップに歌い上げ、大きな拍手を受けます。NALU-SEE☆は『選ばれし者の運命』『I LOVE ME』など3曲をメドレーで歌い、独特の世界観で会場中を魅了。



EXITはラップもふんだんに盛り込まれた『ネオチャラ』『NO MORE 恋泥棒』のチャラさ全開パフォーマンスで客席を巻き込みノリノリ! シマッシュレコードは「EXITのあとやるのはめっちゃイヤです」と笑わせつつ、『メモリーズ』を弾き語り。みみっちい歌詞を美しいハーモニーで聞かせました。



その後登場したSALTY'sは、観客を立ち上がらせて『メンズラシク』『#モテたい』『またここに』『ソルティードッグ』の4曲を披露。塩澤(ピスタチオ・小澤)は手を大きく振って客席をあおり、ファンも一緒になってノリまくり! この日一番といっていいほどの一体感に包まれました。


さらに、リーゴ(プラスマイナス・岩橋)は『っぽいうた』『MAX倒すオッサン』を骨太な歌声で聞かせ、天津・向と 稲垣早希のコンビ・ムカサキは疾走感あふれるナンバー『Shooting for the future space』で見る者を引き込みました。



椿鬼奴は、"アニメ『超空のギンガイアン』第1期オープニングテーマ"という設定の『運命のリビルド』を"地球玉"片手に熱唱。
さらに、同アニメに登場するキャラクター、ルキアンを手にして『Brace yourself』をハスキーな歌声で歌い上げます。インディアンスと鬼奴とのトークでは、架空のアニメ『ギンガイアン』の細かい設定が次々と明らかに。作中に登場するとされる名ゼリフ集まで用意されており、場内は爆笑となりました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ひょっこりはん Instagram
  2. ひょっこりはん おもしろ荘
  3. ひょっこりはん 書籍
よしもとニュースセンターの記事をもっと見る 2019年1月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ひょっこりはん + Instagram」のおすすめ記事

「ひょっこりはん + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「ひょっこりはん + 書籍」のおすすめ記事

「ひょっこりはん + 書籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。