沖縄の魅力を世界に発信!「島ぜんぶでおーきな祭 第13回沖縄国際映画祭」が盛況のもと閉幕
リスタート
「島ぜんぶでおーきな祭 第13回沖縄国際映画祭」が全ての日程を終了した。「今年はちいさく おーきな祭」をキャッチフレーズに、4/17(土)18(日)の2日間、県内各所で長編・短編の映画上映やアート展、配信イベントが実施された。

2009年にスタートした「沖縄国際映画祭」は、2015年より「島ぜんぶでおーきな祭」と改称、“映画・音楽・ダンス・お笑い・ファッション・アート・スポーツ”など、総合エンタテインメントの祭典として春の沖縄を代表する年間通してのイベントに成長した。

第13回目を迎えた今年は、目に見える形での大規模な集客は控えざるをえない状況の中ではあったが、手法を変え、沖縄の魅力を世界に発信する映画祭となった。

来場者数は、17日(土)18日(日)の映画祭開催会場での上映・イベントへの参加者数、配信コンテンツの視聴者数の合計数がのべ25,000人となった。(4/18 20時現在)

島ぜんぶでおーきな祭 第13回沖縄国際映画祭
(英語表記 13th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL)

■ 開催期間 2021年 4月17日(土)~18(日)
■ 開催場所 那覇市 桜坂劇場、ホテルアンテルーム那覇、北中城村 イオンモール沖縄ライカム
■ 主催 沖縄国際映画祭実行委員会
■ 運営 株式会社よしもとラフ&ピース
■実施コンテンツ 映画作品上映・オンラインコンテンツ・アート展示 ほか