ユマ・サーマンの存在感は脇役でも強烈!アリゾナが舞台のホラー・ミステリー【この海外ドラマが間違いなし!『チェンバース 邪悪なハート』】

ユマ・サーマンの存在感は脇役でも強烈!アリゾナが舞台のホラー・ミステリー【この海外ドラマが間違いなし!『チェンバース 邪悪なハート』】
掲載:d.365
Netflixにて2019年4月下旬から配信がスタートしたばかりのオリジナルドラマシリーズ『チェンバース 邪悪なハート』。ハリウッド女優ユマ・サーマンが、脇役ながら強い存在感を放っているホラー・ミステリーだ。女子高生が主人公ということでティーン向けドラマだそうだが、ハイクオリティなのでミステリー好きの大人でも十分に楽しめる。

呪われし心臓を移植されるアンラッキーな女子高生サーシャを演じたのは、新進気鋭の若手女優シヴァン・アルリラ・ローズ。ユマ・サーマン演じるナンシーの夫役として、『スキャンダル 託された秘密』のトニー・ゴールドウィンも登場する。

製作総指揮は、映画『ぼくとアールと彼女のさよなら』でサンダンス映画祭2部門を受賞した、アルフォンソ・ゴメス=レホン監督。

『チェンバース 邪悪なハート』ってどんなドラマ?

ナバホ族の血を引く女子高生のサーシャ(シヴァン・アルリラ・ローズ)は、ボーイフレンドと幸せな夜を過ごしていた時、突然心臓発作に見舞われる。幸い心臓のドナーが見つかりサーシャは九死に一生を得るが、その直後にドナーの父親ベン(トニー・ゴールドウィン)がサーシャに接近してくる。

ドナーとレシピエント(移植を受けた人)の接触は禁止されているが、亡くなった最愛の娘ベッキーがちょうどサーシャと同年齢であったたため、いても立ってもいられなくなったと話すベン。

気の毒に思ったサーシャは心臓移植の恩もあり、ベンとの交流を拒否できない。ベンとその妻ナンシー(ユマ・サーマン)に自宅に招かれたサーシャは、ベッキーの双子の弟エリオットとともに食事をするが、一家には異様で不気味なムードが漂っている。

あわせて読みたい

d.365の記事をもっと見る 2019年5月19日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。