主に若い女性が、裕福な男性とお茶や食事をともにしてお小遣いをもらう「パパ活」。しかし、得た収入は確定申告しないと法律違反となるため、注意が必要です。

ここでは、パパ活で収入を得ている女性の例から、税務調査で発覚する理由と、追徴課税のリスクについてみていきます。FP資格も持つ公認会計士・税理士の岸田康雄氏が解説します。

どうして!?…お手当は「手渡し」なのに、税務署にバレるワケ

女子:会社のお給料が少ないから、私も「パパ活」をやってるの。この間は、パパと一緒に回らないお寿司屋さんに行って、お小遣いももらって大満足!

先生:それ、確定申告していますか? しないと法律違反になりますよ。パパ活自体は違法ではありませんが、パパ活で受け取った収入は、確定申告の必要があります。

女子:えー? でも、お手当は毎回現金だし、税務署にバレるわけないでしょ?

先生:皆さんそう言うのですが、見つかる可能性は十分にあります。たとえば、パパ活アプリや出会いカフェに税務調査が入ったら、登録者情報・利用者情報が税務署に取られます。

税務署は銀行口座を見る権限があるため、収入が低いはずの女性が高額な不動産や有価証券を購入するといった不自然な動きがあれば、調査されることもありえます。

女子:情報、そんなふうに漏れるの!?

先生:まあ、いちばん可能性が高いのは、トラブルになった「パパ」に、税務署へタレこまれることでしょうね…。

女子:いやぁー! 

プレゼントのアクセやブランドバッグも課税対象に

女子:じゃあ、もし税務署にバレたら?

先生:まず、税務調査が入ります。通帳などからお金の流れを調べられ、タンス預金やブランド品の有無をチェックされ、アプリのトーク履歴の確認を求められるでしょうね。そうやって細かく所得を計算された結果、本来納税すべきであった所得税5年から7年分に加え、罰則となる税金が加算され、多額の税金を取られることになります。

女子:じゃあ、いくらもらったら確定申告しなければいけないの?

先生:会社員やパートタイマーなら、パパ活で得た利益が年間20万円を超えると、「雑所得」として確定申告が必要です。ただ、20万円というのは収入ではなく、経費を差し引いた残りの利益ですがね。

女子:なーんだ。じゃあ、お洋服やアクセサリー、バッグや化粧品代も経費なんだから、全然余裕じゃない!

先生:いいえ。それらは経費には入りませんからダメです。パパ活で経費に入るのは、せいぜいアプリの利用料、お茶代、交通費くらいでしょう。

女子:じゃあ、プレゼントはどうなの? この間も、パパからハイブランドの100万円のバッグをもらったけど、これは贈与税の基礎控除の範囲内だから税金はかからないでしょ?

先生:いいえ。それも所得として計算しなければいけません。

女子:ええっ、パパの愛の証だと思っていたのに…!

所得隠し・脱税したとみなされれば、重加算税40%

先生:ところで、本業の年収はおいくらですか?

女子:私は普通の会社員で、年収約300万円。パパ活のお手当は毎月10万円ぐらいで、年間120万円ぐらいもらってるかな? これだと、税金はどれくらいかかるの?

先生:パパ活の経費が年間20万円だと仮定すると、雑所得は100万円になり、これに対して所得税が課税されます。お給料が年収300万円程度なら、税率は5%くらいでしょう。つまり、増えた所得100万円に対して税率5%をかけた5万円の所得税の支払いが必要になります。それに加えて、住民税が10%です。増えた所得100万円に対して税率10%をかけた10万円の住民税の支払いも必要になります。

合計15万円ですね。

(1)増える所得税…100万円 × 5% = 5万円

(2)増える住民税…100万円 × 10% = 10万円

女子:なーんだ。全然たいしたことないじゃない(笑)。

先生:ですが、確定申告していなければ、罰則が課されます。無申告加算税や、納税が遅れたことによる延滞税などがあります。税務調査で見つかった場合の無申告加算税は、増えた所得税の15%です。

今回のケースでいえば、5万円の15%である7,500円ですね。しかし、故意に収入を隠して脱税したとみなされれば、無申告加算税に代わって重加算税40%が課されることになります。その場合は、5万円の40%で2万円です。

(3)無申告加算税…5万円 × 15% = 7,500円

(4)重加算税…5万円 × 40% = 2万円

女子:待って、罰則ってそんなに重いの? なにかの間違いなんじゃ…。

先生:いいえ、間違いではありません。それだけではありません。

加えて、延滞税が課されます。こちらは納付が遅れた年数に応じて年間3%くらいの利息です。今回のケースで1年間遅れたとすれば、増えた所得税5万円の3%で年間1,500円程度です。しかし、重加算税を課されて5年間が遅れたとすればその5年分で7,500円になりますよ。

(5)延滞税…5万円 × 3%弱 × 納付が遅れた年数(脱税でない場合は1年)

女子:いやだぁ、そんなに!? いまから昨年のパパ活の収入の確定申告をして、今年も確定申告するようにします…。

先生:ぜひ、そうしましょう。税理士さんにお願いすればいいですよ。

岸田 康雄公認会計士/税理士/行政書士/宅地建物取引士/中小企業診断士/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/国際公認投資アナリスト(日本証券アナリスト協会認定)