新NISAを始めるには、まず口座開設が必要ですが、金融機関によって扱う商品や投資の自由度が異なるため、開設先選びには注意が必要です。具体的に見ていきましょう。

※本連載は、山中伸枝氏監修の書籍『いちからわかる!新NISA&iDeCo 2024年最新版』(インプレス)より一部を抜粋・再編集したものです。

銀行では「株式投資ができない」点に注意!

新NISAを始めるには、金融機関でNISA専用口座を開設する必要があります。口座は一人1つと決まっており、つみたて投資枠と成長投資枠の口座を別々に持つことはできません。また、利用中は翌年まで金融機関を変更することができないので事前にしっかりリサーチを行いましょう。

まず、金融機関には「証券会社」と「銀行」があり、証券会社はさらに「ネット証券」と「店舗型の証券会社」に分かれます。最初に気を付けたいのが、銀行では株式投資ができないということ。つまり、成長投資枠を使って株式投資をしたい人は、ネット証券か店舗型証券会社を選ばなくてはならないのです。

「最初はつみたて投資枠だけを使うけど、将来は成長投資枠を使う可能性がある」といった場合、銀行ではなく証券会社で口座開設をしておくべきでしょう。

成長投資枠で株式投資をする場合、証券会社によって売買手数料が無料・有料など違いがあるので、その点の確認も必要です。

つみたて投資枠を使う場合の金融機関の選び方

つみたて投資枠を使うにあたって確認したいのが、その金融機関が取り扱っている投資信託のラインナップです。投資信託は金融機関によって違い、銀行や店舗型証券会社では数本~数十本程度なのに対して、ネット証券では200本前後取り扱うなど数に差があります。

将来的に投資の幅を広げたいなら、商品数は多いに越したことはありません。とはいえ、単に数が多いかだけでなくどんな商品が揃っているのかをしっかりチェックしましょう。

とくに注目すべきは、信託報酬の安い投資信託が充実しているかどうか

評判などを聞いて気になっている投資信託があるなら、それを取り扱っているかも確認しましょう。

なお、つみたて投資枠では、投資信託を購入するときの手数料はどの金融機関でも一律無料なので、比較する必要はありません

そのほか、ネット証券では月100円から、銀行では1000円からなど、金融機関によって最低積立額が変わります。積立頻度も「毎月」だけでなく「毎日」、「毎週」も選べたり、ボーナス月に増額できたりと自由度は金融機関によってさまざまです。

基本的にラインナップの多さや積立額の低さ、頻度の豊富さはネット証券が有利で、人気も集中しています。ただし商品選びなどをじっくり相談したい場合は、身近な銀行や店舗型証券会社が選択肢になります。

ネット証券は、基本は自分で調べることになります。自分のニーズに合わせて決めるとよいでしょう。

金融機関選びのポイント

 ポイント1  信託報酬の安い投資信託が揃っていること

取り扱い本数が多いほど選択肢は広くなるが、どちらかというと内容のほうが大切。信託報酬が安い投資信託のバリエーションが豊富かどうかの確認を第一に。

 ポイント2  最低積立額や積立の自由度が高いこと

ネット証券であれば100円から積立できるところも。また、積立の自由度も毎月のほか、毎週、毎日など、選択肢が多いほど自分好みの運用ができる。

 ポイント3  株式投資をしたいなら証券会社がマスト

つみたて投資枠を使いつつ成長投資枠で株式投資にもチャレンジしたいなら、ネット証券か店舗型証券会社を選ぶこと。銀行では株は取り扱っていない。

ミスったら大変!新NISA〈加入申し込み先〉選びの重要ポイン...の画像はこちら >>

山中 伸枝株式会社アセット・アドバンテージ代表取締役