ポイントを押さえるだけ!スーツをおしゃれに着こなすポイント特集

ポイントを押さえるだけ!スーツをおしゃれに着こなすポイント特集
掲載:mamagirl
■働く男の戦闘服!できる男風に着こなそう

出典:著者撮影

・メンズスーツの選び方
お店でスーツを選ぶときは以下に2点に注意して選んでみましょう。〇自分の肩に合ったサイズかどうか紳士服業界では、スーツは肩のサイズに合わせるのがセオリー!そのため“スーツは肩で着る”とまで言われているそうです。自分の肩幅にフィットしているかどうかを実際に試着して確認することが大切☆〇価格帯を理解して着用しているかどうか10,000~20,000円台の比較的安いスーツは国外工場にて作られていることが多く、一着一着に丁寧な縫製がなされていないことがあります。そのため、周りから見てもスーツを着こなしているというより“普通のスーツ”を着ているとしか思われない可能性が高くなります。各スーツブランドで取り扱っている30,000円前後のスーツになると、上質な生地を使っていることが多く、デザインによってはおしゃれに着こなすことができるでしょう。40,000円以上のスーツになると、一着一着を丁寧に縫製し上質な生地を使用することが多いので、着用したときの着心地感が違ってきます。また、自分の体に合わせて作ることでスーツに着られている感がなくなり、シャンとした着こなしができるでしょう。



・ネクタイやシャツの選び方

出典:著者撮影

ネクタイはスーツを着るうえで切っても切れないアイテムです。合わせる色や柄で印象を変えることができるので、ビジネスからフォーマルまで使えるネクタイを何本か持っておくと便利でしょう。基本的なネクタイのポイントは、無地のネクタイはどんなスーツとも相性がいいので、紺や赤などスタンダードなカラーを数本持っておくと着回しが利きます。柄物をつける場合は、小さい柄の方がコーディネートしやすいので、初心者は小さい柄から挑戦するのが良いでしょう。シャツを選ぶときのポイントは首回りと裄丈に注意!首回りは指2本分の余裕があるものをチョイスし、裄丈はクリーニングなどで縮むことを考慮し、2~4cm長めのものがベストです。また、首の特徴やネクタイのあるなしで襟のデザインを変えるのもおすすめ☆首が短めの人は襟のデザインが小さいもの、逆に首が長い人は襟のデザインが大きいものがいいでしょう。夏場のクールビズ期間はネクタイをしない企業も多いので、そんなときは襟やボタンにデザイン性のあるシャツがおすすめです。

あわせて読みたい

mamagirlの記事をもっと見る 2019年4月23日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。