金木犀の育て方は初心者でも簡単!育て方&知っておくべきことをレクチャー

・鉢植えで金木犀を育てるならどうしたらいい?
ベランダなどで気軽に小さく育てることを希望するなら、鉢植えがおすすめです。小さな鉢ではすぐに根がいっぱいになってしまいます。8号以上の植木鉢を用意しましょう。まず、鉢の底に鉢底石を敷き詰め、赤玉土と腐葉土を7:3ほどの比率で混ぜ合わせた土を半分ほど入れます。苗を植えたら水やりをし、足りない土を足しましょう。苗をしっかり固定するのも忘れずに。肥料は、2月・5月と開花前の8月~9月に、有機肥料や化成肥料を与えると効果的です。
・金木犀を育てるうえで知っておきたいこと




出典:「coo2766の すろーらいふ Powered by Ameba」

金木犀の根の深さは、それほど深くなりません。根を浅く張る特徴があるので、水はけと水もちのよい場所が最適です。金木犀のかかる病気は、主なものとして4つあり、どれもカビが原因の病気です。“褐斑病(かっぱんびょう)”は、高温多湿な時期に多く、葉に褐色の小さな斑点が出ます。“先葉枯病”は葉の先端が褐色になり枯れ、“炭疽病(たんそびょう)”は葉に黒や赤褐色の斑点が出たあと穴が開いて枯れていきます。“うどんこ病”は葉に白いカビの斑点がつきます。進行すると白い斑点が葉に広がり、黄色くなったり縮れたりして枯れます。いずれも、発見したら早い段階で葉を取り、広がるのを防ぐと良いようです。金木犀の地植えには基本的に水やりは不要。ですが、病気のような症状は見当たらないのに葉が落ちる場合には水不足も考えられます。金木犀の周りに芝生を植えている場合などは注意が必要です。

あわせて読みたい

mamagirlの記事をもっと見る 2019年5月1日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。