離乳食に里芋をはどう?デビューの時期や下ごしらえ、保存方法、レシピなど

離乳食に里芋をはどう?デビューの時期や下ごしらえ、保存方法、レシピなど
掲載:mamagirl
■離乳食の里芋、食べ始められる時期や注意点はなに?
離乳食が始まると、赤ちゃんの様子を見ながら少しづつ食べられる食品数を多くしていきますよね。ここでは、里芋を食べられるようになる時期や注意点をまとめてみました。




・赤ちゃんは里芋をいつから食べられる?

出典:photoAC

栄養豊富でほくほくとおいしい里芋。スープや煮物などさまざまな調理法もできるので、離乳食に使ってみたいなと思う人も多いでしょう。赤ちゃんが離乳食で里芋をいつから食べることができるのかというと、生後7~8カ月ごろ、「カミカミ期」とも呼ばれる「中期」から少しずつ取り入れることができるようです。やわらかく茹でたりすりつぶしたりして食べさせてあげましょう。里芋は「初期」には食べさせてあげることはできないので気をつけてくださいね。



・里芋を使った離乳食の注意点は?アレルギーについて

出典:photoAC

里芋は、アレルギー特定原材料ではありませんが、口の周りが赤くなったりかゆみが出たりすることもある食品のひとつ。ごく少量から始めて、変わった様子があればお医者さまに診てもらいましょう。また、里芋は粘り気が強い食材なので、喉につまらないように、一度に多くの量を与えないよう注意が必要です。お湯や出汁で溶いたり、小さめに一口ずつ食べさせたりと気をつけながら食べさせてあげてくださいね。



・おいしい里芋の選び方が知りたい!

出典:photoAC

里芋の旬は、8~12月。おいしい里芋の選び方は、ずっしりと重く、ふっくらと丸みのある形のものを選ぶとよいでしょう。ほかにも、泥がついているか、芽が出ていないか、という点もおいしい里芋を見分けるポイントです。赤ちゃん用の離乳食を作るために新鮮でおいしい里芋をチョイスしましょう。

あわせて読みたい

mamagirlの記事をもっと見る 2019年6月10日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。