大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪はキタの中通りにある四川・餃子バル「PAO²(パオパオ)」は、バル業界に旋風を起こそうと刺客を送り込んできた!来日して20年以上という、中国は四川出身の中国人シェフをヘッドハンティング。最強の助っ人とともに、今や、キタで話題を呼ぶお店となったのだ。


大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

「ホンモノの中華で勝負したいのでぜひ来てほしいとラブコール。当店では餃子のタネまで手作りですが、金額をできるだけおさえて、女性にも入りやすい料理と雰囲気を心掛けたんです」(店長)名物の餃子は種類も豊富だ。「焼き餃子」(350円)や「パクチー餃子」(350円)、「大葉餃子」(350円)、「ラム餃子」(350円)に加え、「チーズ餃子」(450円)や「フォアグラ餃子」(600円)、「トリュフ餃子」(600円)がある。


大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

餃子はそのまま食すのがベター。パクチーやトリュフなどと合わさったタネの風味が直に感じられる、控えめな味わい。肉や野菜本来の旨みを味わったあと、追いかけるように大葉やフォアグラがやってくる。だからこそ、タレは必要ないのだ。さらに驚いたのが「PAO²のスペアリブ」(1280円)。四川の名物は「毛沢東のスペアリブ」。当時の主席だった毛氏がこよなく愛した料理だ。それを再現したのが、同店のスペアリブ。肉をいったん炊き、柔らかくする間に下味もつける。ていねいに揚げたスペアリブは、外は驚くほどパリパリ。肉は柔らかくて実に繊細だ。どうやって作っててんねん!? とホンマに驚くばかりやで。スペアリブでありがちな骨の周りの肉も硬くない。スジ肉までキレイに食べられる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

まとメシの記事をもっと見る 2018年10月25日のグルメ記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「うどん」のニュース

次に読みたい関連記事「うどん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スープカレー」のニュース

次に読みたい関連記事「スープカレー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「静岡おでん」のニュース

次に読みたい関連記事「静岡おでん」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。