撮り鉄の「食」の思い出(51) 新茶とSLの大井川鐵道/2006年~2018年

SL列車と川根茶で知られる大井川鐵道。その名の通り大井川に沿って走り、春は桜、秋は紅葉と、季節の変化で何度でも訪れたい路線ですが、いちばんのおススメは5月。「川根茶」として全国に知られる銘茶の茶畑がいっせいに芽吹き、鮮やかな緑が目を楽しませてくれる季節です……。

撮り鉄の「食」の思い出(51) 新茶とSLの大井川鐵道/2006年~2018年

新茶とSLの大井川鐵道/2006年~2018年


SL列車と川根茶で知られる大井川鐵道(てつどう)。

その名の通り、大井川に沿って走ります。

撮り鉄の「食」の思い出(51) 新茶とSLの大井川鐵道/2006年~2018年
[大井川を渡るSL列車(2011年撮影)]


客車も昔懐かしいタイプの車両です。

車窓からは大井川の雄大な流れを見ることができます。

撮り鉄の「食」の思い出(51) 新茶とSLの大井川鐵道/2006年~2018年
[車窓には大井川が広がる(2018年撮影)]


春は桜、秋は紅葉と、季節の変化で何度でも訪れたい路線ですが、いちばんのおススメは5月。

大井川鐵道沿線にはたくさんの茶畑があります。

「川根茶」として全国に知られる銘茶の産地です。

この茶畑がいっせいに芽吹き、鮮やかな緑が目を楽しませてくれる季節です。

撮り鉄の「食」の思い出(51) 新茶とSLの大井川鐵道/2006年~2018年
[沿線の茶畑は美しい緑に(2006年撮影)]

撮り鉄の「食」の思い出(51) 新茶とSLの大井川鐵道/2006年~2018年
[お茶の葉の緑。見ているだけで気持ちが休まる(2006年撮影)]


畑によっては手摘みをしているのを見ることもあります。

新芽を一枚一枚、ていねいに摘み取っています。

撮り鉄の「食」の思い出(51) 新茶とSLの大井川鐵道/2006年~2018年
[新茶の摘み取り(2006年撮影)]


撮影の合間を縫って、駿河徳山駅に比較的近い道の駅『フォーレなかかわね茶茗舘(ちゃめいかん)』に立ち寄りました。

中にはかわいい茶室があります。

ここでお茶をいただくことができます。

あわせて読みたい

まとメシの記事をもっと見る 2019年4月29日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。